「おしゃれは足元から」「靴紐はキッチリ結ぶ」 SR渋谷・ベンドラメ礼生に聞くファッションへのこだわり | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「おしゃれは足元から」「靴紐はキッチリ結ぶ」 SR渋谷・ベンドラメ礼生に聞くファッションへのこだわり

新着 ビジネス
「おしゃれは足元から」「靴紐はキッチリ結ぶ」 SR渋谷・ベンドラメ礼生に聞くファッションへのこだわり
  • 「おしゃれは足元から」「靴紐はキッチリ結ぶ」 SR渋谷・ベンドラメ礼生に聞くファッションへのこだわり

サンロッカーズ渋谷の新キャプテンに就任した、ベンドラメ礼生選手。プロバスケットボール選手としての活躍はもとより、SNSなどで垣間見えるファッショナブルな一面にも注目が集まっている。


今回はそんなベンドラメ選手に、ファッションについてのこだわりなどコート外でのお話を伺った。プレー中の迫力ある表情とはまた異なった、等身大のイマドキの青年らしさをお伝えしたい。


※取材日は2019年9月下旬


チームキャプテンの素顔に迫る


――シーズンオフや試合がない時は、何をして過ごしていますか?


ベンドラメ礼生選手(以下敬称略):「今年のシーズンオフは代表活動でした。毎年のことなんですが、シーズンが終わってから1、2週間で代表活動が始まるので……昨年はシーズン終了後の1週間後くらいに代表の招集がありましたが、今年は(招集されるまで)20日くらいありました。


とはいえ代表の練習もあるので、シーズンが終わっても1週間後くらいから体を動かし始めますね。地元が福岡なんですが、今回のオフは2日くらいしかいられなかったです。もうちょっと地元を満喫したかったかな(笑)」



撮影:戸嶋ルミ



「シーズン中は、試合が水・土・日曜(場合によっては金・土曜)とあるので、体のことを考えるとあまり遠出などはしないですね。


家で映画を観たり、朝早く起きて温泉に行ったりとか、時間を気にせずのんびり過ごしています


代表活動の様子はベンドラメ選手のSNSにも投稿されており、目にした人も多いのではないだろうか。


ところでそのSNS、特にインスタグラムについて気になる点がある。それは「写真へのこだわり」だ。



 











この投稿をInstagramで見る


















 


2019.09.24 . . ジョーダン史上最軽量 すごく調子いい。 足元軽くしたいならコレ。 . . #jordan34 #AJ34 #ジョーダン


ベンドラメ礼生/Leo Vendrameさん(@venleo.9)がシェアした投稿 –




――ベンドラメ選手のインスタグラム、写真がどれもとてもきれいですよね。構図やレイアウトにもこだわりを感じるのですが……


ベンドラメ:「そうですよね、自分でもこだわってるな~って思うんですよね(笑)写真は撮っていて楽しいので好きなんです。キレイに撮れたら載せるって感じで、SNSは自己満で楽しくやっていますよ。


ファンの人にもよく『インスタの写真キレイですよね』なんて声を掛けてもらうことがあるんですけど……シューズを手に持って撮るじゃないですか。


スマホの“ポートレート機能”で撮るときに、被写体とスマホが近すぎると『離れてください』って警告が出るんですよ。だから必死に腕を引いたりしてて……そこらへんの様子を想像されるとちょっと恥ずかしいな~(笑)


新シーズンは「エアジョーダン34」でいく


――今日履いているシューズもインスタグラムに登場していましたね



撮影:戸嶋ルミ



「昨シーズンまで『ナイキ ハイパーダンク 2017 』を履いていたんです。履いたときに、あっこれ履きやすいな! と思ったらストックして履き続けるっていうのをよくやるんですよ。でも製造終了になってしまって……。


新しいものを探していたときに最近この『エア ジョーダン 34 』を見つけて。自分の足にもすごくフィットしますし、今シーズンはこれでいこうと思っています。


まず、手にした瞬間ものすごく軽くてビックリしました! この軽さは今までのエア ジョーダンシリーズのものと決定的に違う点ですね」



撮影:戸嶋ルミ



「新搭載のエクリプス プレートは、足の動きをサポートしてくれて、前に力を入れたときは反発するので高く跳べたり、前に一歩速く動けるという感覚がありました。もちろんグリップもしっかり効いて横の動きにも対応してくれます。


ちょっとソールが硬いかな? と最初は思ったんですが、すぐに気にならなくなりました。むしろそのソールの硬さが動きをサポートしてくれるので、よりいいパフォーマンスにつながるように感じます。


ポジション問わず、すべてのバスケットボール選手におすすめですね!


ファッションにもこだわりアリ


――コート内はもちろんですが、普段のファッションにもバスケットボールシューズを取り入れたりすることもありますか?


ベンドラメ:「スポーティーな格好のときはもちろん、セットアップでカッチリした服装のときも足元だけスニーカーにしたりしますよ。『エア ジョーダン 1』とか。割とハイカットのものを、靴紐をしっかり結んで履きますね。


ローカットのものもいいと思うんですけど、(足の甲の部分の)靴紐を緩めるとラフな感じになるので、服装に合わせてタイトに締めたり調節してます。


スニーカーって脱ぎ履きしやすいキツさで靴紐を通す人が多いですけど、僕は多少手間でもタイトに通してカッコよさを選んだほうが良いなって思います。その方がスニーカーも映えるんじゃないでしょうか?」



撮影:戸嶋ルミ



ベンドラメ:「今って、どんな服装をしていてもドヤ顔で自信持って歩いていればカッコよくなれるというか、許される感じがあるじゃないですか。


だから、バッシュというかスニーカーもビシッと履けば何にでも合わせられるんじゃないですかね? “足元からかっこよさは出てくる”と思うんで」


SNSもファッションも、自分らしく。柔軟な発想を持ち、新しいものでも良いと思えば積極的に取り入れる姿勢は、実にイマドキの若者らしい。


しかし、時折見せるこだわりや意志の強さは、キャプテン論についてお話を伺ったときにも感じられた。


フレキシブルで芯がある、ベンドラメ選手の絶妙なバランス感こそ“令和のバスケ界のスタンダード”なのかもしれない。コート内外問わず、これからも注目していきたい選手だ。



撮影:戸嶋ルミ



<おまけ>おしゃれ番長のベンドラメ選手に相談してみました


【相談1】シューズを気に入って買っても、服との組み合わせに悩むことがあります。世の迷える女性に、どんなスタイルに合わせたらいいかアドバイスをお願いします!(30代 女性)


ベンドラメ:「スキニーのパンツと組み合わせはどうですかね。シューズもよく見えるし、足元とのボリュームのバランスもいいんじゃないでしょうか」


【相談2】ストリートでバッシュを履くときにファッションで気をつけていること、気をつけたほうがいいことはありますか?(20代 男性)


ベンドラメ:「僕は普段からスポーティーな格好が多いのでそんなに気にしていないんですが、服と靴のブランドは統一した方がいいかなと思います


≪写真・文:戸嶋ルミ≫


《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top