「テンポが良すぎて」引退を表明した上原浩治の試合を振り返る思い出が面白い | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「テンポが良すぎて」引退を表明した上原浩治の試合を振り返る思い出が面白い

スポーツ 短信
「テンポが良すぎて」引退を表明した上原浩治の試合を振り返る思い出が面白い
  • 「テンポが良すぎて」引退を表明した上原浩治の試合を振り返る思い出が面白い

5月20日、昨年から読売ジャイアンツに所属していた上原浩治投手がシーズン途中での現役引退を表明した。

これを受け、SNSでは現役時代の上原投手にまつわる思い出を語る投稿が見られた。

テンポの良い投球で試合時間も短縮

上原投手の投球の特徴といえば、リズムを刻むかのようなテンポの良いピッチングではないだろうか。実際に上原投手が先発として登板した試合では、平均より早い時間で試合が終わってしまうことも珍しくはなかった。

地上波でのナイター野球中継は主に18時頃からの放送が多く、基本的に21時には試合が終了せずとも中継は打ち切られてしまう。ファンにとってはなんとももどかしさが残るような演出である。

しかし上原投手が登板した試合では、20時台にはお立ち台に上がる選手の姿が放送され、残りの放送時間には「過去のプロ野球名シーン」や「珍プレー・好プレー集」などが放送されていたことを懐かしむ声も挙がっている。

試合後、東京ドーム最寄り駅の混雑時間が大幅に繰り上がり、電車内では上原投手の話題があがるといった日もあったそうだ。

三村マサカズも「テンポの良いピッチング」を参考

ジャイアンツファンでもあるお笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズさんも上原投手の引退の知らせを受けたコメントをツイッターに投稿。

三村さんも上原投手の「テンポ」には思い入れがあったようで、「マネはしていくけどね。テンポのいいピッチングの」と自身も見習っていく旨を話していた。


《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top