大林素子が笑いっぱなし!パラスポーツのおおらかさとあたたかさ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大林素子が笑いっぱなし!パラスポーツのおおらかさとあたたかさ

スポーツ 短信
大林素子が笑いっぱなし!パラスポーツのおおらかさとあたたかさ
  • 大林素子が笑いっぱなし!パラスポーツのおおらかさとあたたかさ

3月17日、東京都品川区の日本財団パラアリーナにて、「あすチャレ!運動会 日本一決定戦!」(主催 日本財団パラリンピックサポートセンター、協賛 株式会社 JTB、後援 スポーツ庁)が開催された。

このイベントには日本全国7ブロックの代表に加え、元全日本女子バレーボール代表の大林素子さんや元車いすバスケットボール日本代表の根木慎志さんらによるゲストチーム「チャレンジャーズ」も参加。

各ブロックの代表と共に、ボッチャ、車いすポートボールといった全5競技のパラスポーツで競い合った。

作戦まで考えたのに、活躍できず、でも楽しい

「チャレンジャーズ」として参加した大林さん、ニッチロー’ さんら

パラスポーツを取材していて強く感じた特異性は、どの参加者も笑顔が絶えないことだ。

もちろん参加者にとってはワンプレーワンプレーが真剣勝負。ボールをスローイングする瞬間や、車いすの車輪に手をかけてひと漕ぎ目のちからを入れる瞬間は真剣な顔つきになる。

しかし、得点が入ったり選手を交代したりといった動作でプレーが一瞬止まるたびに、どの参加者も笑顔になる

このおおらかさとあたたかさは、実際にパラスポーツを見て・参加してみないと分かりづらいことだろう。

今回、「チャレンジャーズ」のメンバーとして参加した大林さんの笑顔は特に印象的だった。

プレーが上手くいってもいかなくても常に笑顔。チームメイトを励まし、屈託なく笑いながら手をたたく姿が競技中ずっと続いていたように思う。

イベント中、その楽しそうな様子について大林さんに尋ねると「でも私、今日は活躍してないのよ……」と意外な答えが返ってきた。

「今日の私、(インタビュー時点で)4競技に出て、どれも負けちゃってる」と、結果にもこだわるコメント。

大林さんによると、パラスポーツは何競技か以前に挑戦経験があり、特にボッチャについては前日のイベントでプレーして活躍したばかりとのこと。当日は自信満々で作戦まで考えて挑んだとのことだ。

残念ながら作戦は勝利に結びつかなかったようだが、それでも笑顔を見せる理由を聞くと「とにかく楽しい!」という。

大林さんが参加した「チャレンジャーズ」は、アスリートを中心に動画クリエイターやモノマネ芸人も加わった混合チームであり、この多彩なメンバーでプレーできることに「世代やジャンルを超えた仲間と一致団結できるのがすごく楽しい」と答えてくれた。

考え方の変わるきっかけに

今回のイベントには、障害を抱える方も健常者の方も参加。ダイバーシティの高いメンバーで同じ競技に挑戦し、誰もが笑顔を見せていた。

このことに大林さんも「まずはパラスポーツの魅力を広く知っていただきたい。パラスポーツって『障害者の方のスポーツ』というイメージが一般的にあると思いますが、健常者でも一緒にできる」と力説。

当日のイベントについても「今までの考え方を変えるきっかけになったんじゃないかな」と語っていた。

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top