eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」 画像 eスポーツの観戦希望率38%「プレイ自体が見たい」

ライフ 社会

マクロミルは、「eスポーツ」の浸透具合、興味などについての調査結果を発表した。調査対象は、全国15~49歳の男女合計1,000サンプル。

まず、ゲームのプレイ率を調べたところ、プレイ率は75%で、プレイされているゲームの種類は「スマートフォンゲーム」が63%でトップだった。

「スマートフォンゲーム」と「家庭用ゲーム」についてユーザーの年代を調べた結果では、スマホゲームは10代男性のプレイ率が86%と特に高く、年代が上がるにつれて減少していた。女性は10~30代を中心に高く30、40代では男性より高い割合となっている。スマートフォンゲームのプレイ頻度は、64.2%を占めた「ほぼ毎日」が最多。週に1日以上は7.9%だった。

次に、説明書きを提示した上で、eスポーツの認知状況を調べた。その結果、全体の26%が「どのようなものか知っている」と回答。「名前を見聞きした程度」37%と合わせ、認知率が64%あった。

男女別に見ると、認知度は女性よりも男性が高く、10~20代男性では80%を超えている。eスポーツの観戦経験率は全体の10%。「eスポーツは今後日本で浸透すると思うか?」という設問に対しては、54%が「浸透すると思う」と回答している。

「eスポーツの観戦ができるなら観戦したいか?」という設問には、38%が「観戦希望」と回答。観戦の理由は、42.2%を占めた「上手い人のプレイを見たいから」が最も多かった。続いて、「プロのプレイを見たいから」36.3%、「興奮する・盛り上がるから」27.5%。

動画共有サイトでのゲームプレイ動画視聴率は45%となっており、その理由は、44.1%が回答した「暇つぶし」がトップとなっている。続いて、「上手い人のプレイを見たい」33.1%、「攻略法やテクニックを学びたい」32.8%だった。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

ライフ アクセスランキング

  1. 「私は好きじゃない」日本人パフォーマンス集団がアメリカで大絶賛の中、一人の審査員が放った辛口評価

    「私は好きじゃない」日本人パフォーマンス集団がアメリカで大絶賛の中、一人の審査員が放った辛口評価

  2. 一寸法師の正体は前野朋哉!乙姫・菜々緒は「正してあげようかな」

    一寸法師の正体は前野朋哉!乙姫・菜々緒は「正してあげようかな」

  3. 1964年と2020年の東京オリンピックに共通する、日本が抱え続けている課題とは

    1964年と2020年の東京オリンピックに共通する、日本が抱え続けている課題とは

  4. 女子高生が自転車で1000キロ走る青春映画「私たちのハァハァ」6月にDVDリリース

  5. 【ディズニー】クリスマスのパークで想い出を残そう!厳選フォトスポット<夜>

  6. 「木こり」カレンダーに映る謎のおじさんがやたらセクシー。いったい誰得?

  7. 広瀬すずが人間卒業。新CMで『すずネコ』に変身して「チャルメニャ~!」

  8. 甲子園駅の改良工事進む…2016年度末完成予定

  9. 突如叫びだすアメリカ人。マニラのドミトリーで結婚詐欺に遭遇した

  10. オリンピックに向けた新たな記号が導入予定「こんなんテストで書けって言われても」

アクセスランキングをもっと見る

page top