サイクリング専用アプリ「BIWAICHI Cycling Navi」が走行時の自動撮影機能を搭載 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サイクリング専用アプリ「BIWAICHI Cycling Navi」が走行時の自動撮影機能を搭載

新着 製品/用品
サイクリング専用アプリ「BIWAICHI Cycling Navi」が走行時の自動撮影機能を搭載
  • サイクリング専用アプリ「BIWAICHI Cycling Navi」が走行時の自動撮影機能を搭載
  • サイクリング専用アプリ「BIWAICHI Cycling Navi」が走行時の自動撮影機能を搭載
滋賀県は、ナビタイムジャパンとの共同開発によるサイクリング専用アプリ「BIWAICHI Cycling Navi」新バージョンの提供を10月より開始する。

「BIWAICHI Cycling Navi」は、自転車で琵琶湖を1周する「ビワイチ」をはじめとした滋賀県内周遊をより気軽に楽しむためのサイクリング専用アプリだ。今回、新機能として、ビワイチの思い出を写真で残せる「走行時の自動撮影機能」や、走行中に端末操作を防止する「ながらスマホ防止機能」を搭載する。なお、自動撮影機能がサイクリング専用のナビゲーションアプリに搭載されるのは日本初となる。

自動撮影機能は、アプリを起動してビワイチルート上に設置したカメラの前を通過すると、走行中の写真が自動で撮影される機能となる。写真はアプリ内で確認でき、購入すると端末に保存できる。カメラの設置場所は、長浜市湖北町尾上付近と高島市安曇川町南舟木付近の2ヶ所。価格300円/枚。期間限定で年度内は100円/枚。

ながらスマホ防止機能は、移動速度をスマートフォンの位置情報を利用して検知し、アプリ画面を注意画面で覆い、自転車走行中のスマートフォン等の操作を防止する。また、ビワイチサイクリングコースとして新たに北湖1周、南湖1周を追加する。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top