混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得

スポーツ 短信
混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
  • 混合バレーボール国際大会で日本代表チームが銀メダル獲得
5月14日(月)~19日(日)に、ロシア・ノヴォシビルスクで開催された混合バレーボール国際大会「Nations Cup Volleyball mixed 4+2大会」に出場した日本代表チームが準優勝し、銀メダルを獲得した。

男性4人、女性2人の男女6人制で行われる混合バレーボール「Nations Cup Volleyball mixed 4+2大会」には、フランス、ロシア、日本、カザフスタン、オーストラリア、ポーランド、キルギスの7か国全8チームが参加。5月14日(月)から、グループABに分けた総当たり戦が行われた。

日本代表チームは、今回ベスト4となったチームの中でも最も平均年齢が高く、身長も低いチームだったが、予選を突破。大会5日目のキルギス戦で勝利し、19日(日)の決勝にコマを進めた。ロシアと対戦した決勝戦では、1セットとるも惜しくも敗れた。

主将の米村信子は、「女性陣の着実なサーブカット、ツーセッターによる速いトス回し、相手が嫌がる時間差やブロックアウト、フェイントにより、毎試合毎試合苦しみながらもチームとしての完成度が高くなっていたのが勝因です」とコメント。同大会を手本に、2020年に日本で行われる「Mixed volleyballのWorld Cup」を素晴らしい大会にしたいと話した。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top