サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現

スポーツ 短信
サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
  • サッカー日本代表、新アウェイユニフォームはライトグレー…光り輝く未来を表現
アディダス ジャパンは、2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に向け、新たな「サッカー日本代表アウェイユニフォーム」を発表した。

アウェイユニフォームは、純粋無垢な白を基調に、近未来調のライトグレーを採用。光の当たり方によって色が変わるライトグレーにより、光り輝く未来を表現している。日本の伝統色である深く濃い藍色「勝色」をまとった新ホームユニフォームに対し、新アウェイユニフォームは濃い藍色に染める前のまっさらな白い生地からインスピレーションを受けている。

また、左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した1992年の国際大会で着用したサッカー日本代表ユニフォームのデザインを再現。それぞれ微妙に異なるデザインとグラデーションカラーの三つのバーにより、日本人のきめ細やかさと、過去、現在、未来という時の流れを表現している。

ナンバーキットとアディダスロゴは赤色、ショーツとソックスはホワイトをベースとした配色を採用。アウェイユニフォームとして初めて青色を一切使わない白と赤のみの配色にし、日の丸のカラーを近未来的に表現している。

今回、初めて全てのカテゴリーで統一のデザインを採用。首元の内側に搭載されたサインオフロゴは、過去の5大会分のユニフォームのアイコニックなデザインが組み合わされている。男子日本代表が3月23日(金)の国際親善試合、女子日本代用がAFC女子アジアカップ ヨルダン 2018より着用する予定だ。

オーセンティックユニフォーム、レプリカユニフォームは、アディダスオンラインショップにて先行発売中。一般発売は、全国のアディダスフットボール取扱店舗にて3月27日(火)0:00より開始する。

■価格 ※すべて税抜き
・サッカー日本代表アウェイオーセンティックユニフォーム半袖:14,000円
・サッカー日本代表アウェイレプリカユニフォーム半袖:8,990円
・Kidsサッカー日本代表アウェイレプリカユニフォーム半袖:6,990円
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top