羽生結弦、小平奈緒ら平昌五輪メダリストが凱旋「自分の幸せが皆さんの幸せになれば」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

羽生結弦、小平奈緒ら平昌五輪メダリストが凱旋「自分の幸せが皆さんの幸せになれば」

スポーツ 短信
平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見に参加した羽生結弦(2018年2月26日)
  • 平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見に参加した羽生結弦(2018年2月26日)
  • 平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見(2018年2月26日)
  • 平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見に参加した小平奈緒(2018年2月26日)
  • 平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見に参加した葛西紀明(2018年2月26日)
  • 平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見(2018年2月26日)
  • 平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見に参加した羽生結弦(2018年2月26日)
  • 平昌五輪の日本代表選手団帰国時記者会見(2018年2月26日)
平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で活躍した日本代表のメダリストらが2月26日、東京都内で行われた日本代表選手団帰国時記者会見に登壇した。

日本代表選手団の主将を務め、スピードスケート女子500mで金メダルを獲得した小平奈緒。

「オリンピックが開かれる前に、主将として私なりの目標として日本選手団の百花繚乱という言葉をあげた。今回たくさんのメダルを獲得することができたが、一番重要なことは平昌オリンピックに出場した選手みんながそれぞれの舞台で、それぞれの思いを胸に力強く最後まで戦い抜いたことを皆さんに観ていただきたかった。(メダリストたちは)綺麗な花を咲かせることができたので、今度はその花たち、メダルを輝かせることができるような競技生活をみんなが送っていけたらいいと思う」

小平奈緒選手はスピードスケート女子500mで金メダルを獲得

史上最多の冬季五輪8大会連続出場を果たし、旗手を任されたスキージャンプの葛西紀明。メダル獲得こそならなかったが、次大会への意欲を見せた。

「旗手という大役をやらせてもらい力強く旗を振れた。僕のおかげでたくさんのメダリストが生まれたのではないかと思う(笑)。メダルを獲った皆さんのパワーを僕も背負って、4年後の北京オリンピックでメダルを獲りたいという強い気持ちになった。これからもまだまだあきらめずに頑張っていきたい」

レジェンドとして世界中の選手から親しまれる葛西紀明選手

二大会連続でフィギュアスケート男子シングルで金メダルとなった羽生結弦。

「たくさんの応援をいただいた。ジュニアのころから応援してくださったファンの方、ソチのころから応援してくださった方、今回初めて演技を観てくれた方、テレビや会場でたくさん気持ちを飛ばしてくれた。オリンピック二連覇というものは本当に大変なものだったが、僕にとっては皆さんの応援とともに獲れたことが金メダルの価値を上げてくれたのだと今とても思っている。おめでとうという声が金メダルを獲った後から今までもずっとずっと届いている。そういったおめでとうが自分の幸せになって、そして今の自分の幸せが皆さんの幸せになればと思っている。これから(選手生活は)どうなるかわからないが、またいろんなことに挑戦して、皆さんの幸せになれるような、笑顔になれるような演技をしていきたいと思う」

羽生結弦選手が印象に残っている競技を問われ、「カーリングとショートトラックとマススタートと、パシュートとスキージャンプ、モーグルとスノーボードハーフパイプです」と順に挙げると選手たちは盛り上がった

平昌五輪日本代表のメダリストたち。感動をありがとうございました!
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top