中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催

イベント 文化

中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
  • 中田英寿プロデュースの日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」が東北地域で初開催
元サッカー日本代表の中田英寿が代表を務めるJAPAN CRAFT SAKE COMPANYは、日本酒の魅力をあじわい尽くせる“SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK 東北 2018」を3月21日(水)~25日(日)まで宮城県仙台市にて開催する。

「CRAFT SAKE WEEK 東北」は、東北6県を代表する酒蔵を中心に、全国から選りすぐりの酒蔵 計50蔵が出店する日本酒イベントだ。各日にテーマを設け、テーマに沿ってキュレーションされた酒蔵が日本酒を提供する。今回は、JR東日本「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」と連携し、東北地域で初開催される。

酒蔵は、5日間に10蔵ずつ出店。初日は、宮城の7つの酒蔵が技術を結集して醸造した「DATE SEVEN」に参加した経歴のある酒蔵を中心に集結した「伊達酒の日」というテーマになっている。その他にも、東北を中心に数々の酒蔵が登場するため、普段体験できない日本酒と出会うことができる。

会場には、レストランも出店。日本酒と一緒に料理を楽しめる。また、出展している酒蔵の蔵元や会場の利酒師に、日本酒の楽しみ方や選び方などを聞くことも可能だ。

開催日時は、3月21日(水)~25日(日)12:00~21:00。会場は、勾当台公園市民広場(宮城県仙台市青葉区本町3-9-2 外)。料金はCRAFT SAKE スターターセット2,500円(グラス+酒・食事用コイン7枚)、追加コイン1,500円セット、3,000円セット。グラスを持参すると、2回目以降は追加コインの購入のみとなる。チケットはPassMarketにて販売。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top