ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催

meleapは、AR(拡張現実)技術を使用したスポーツ「HADO」2018年シーズンを日本、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど世界8ヶ国で開催する。

イベント スポーツ
ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
  • ARを使ったテクノスポーツ「HADO」2018シーズンが8ヶ国で開催
meleapは、AR(拡張現実)技術を使用したスポーツ「HADO」2018年シーズンを日本、アメリカ、シンガポール、マレーシアなど世界8ヶ国で開催する。

「HADO」は、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ最新AR技術を使ったテクノスポーツだ。最大3対3で身体を動かして技を出したり、相手の攻撃をかわたりしながら戦う。2018シーズンはSPRINGシーズン、SUMMERシーズン、CLIMAXシーズンの3シーズンで大会を実施する。勝利チームに支払われる報酬の総額は、年間120,000米ドル(賞金・出演料報酬)。

各シーズンには予選大会があり、その予選大会で優勝したチームがシーズン本戦に出場できる。SPRINGシーズンに行われる「SPRING CUP」の予選大会は現在、開催中だ。Climaxシーズンの最後には、世界各国の代表チームがナンバーワンを目指して戦う「WORLD CUP」を開催する。

また、新しい取り組みとして初心者から中級者のための大会「BEGINNER'S CUP」も開催。上級者は参加できないため、HADOを始めたばかりのチームも気軽に参加できる。

SPRING CUPは、4月21日(土)13:00~16:30開催。会場は、スターライズタワー(東京タワー隣)。BEGINNER'S CUPは、サードプラネット横浜本店にて3月21日(水)13:00~17:00に実施。申込みは大会公式サイトから行う。

■SPRING CUP予選大会
・2月25日(日)13:00~ サードプラネット横浜本店
・3月4日(日)13:00~ VREX渋谷宮益坂店
・3月11日(日)13:00~ ソプラティコ横浜関内
・3月18日(日)13:00~ VREX渋谷宮益坂店
・3月25日(日)13:00~ ソプラティコ横浜関内
・4月8日(日)13:00~ VREX渋谷宮益坂店

《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top