『だがしかし』梅ジャム回が無料公開!製造終了に広がる悲しみの声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

『だがしかし』梅ジャム回が無料公開!製造終了に広がる悲しみの声

エンタメ 話題
駄菓子屋 イメージ
  • 駄菓子屋 イメージ
梅の花本舗の「元祖梅ジャム」が製造終了していた事実を受けてSNS上には悲しみの声が広がっている。ひとりで作ってきた高林博文社長が体調を崩して引退したためだが、その危険性を予期していたと駄菓子漫画『だがしかし』が注目されている。

「梅ジャム」は梅肉を煮詰めて砂糖や小麦などを加えたもので、戦後間もない1947年から製造されてきた。駄菓子屋に並ぶようになった人気を博したが、製造は高林社長がひとりで続けてきた。

『だがしかし』では第46かし(話)にて梅ジャムを扱っており、その中で「もしも高林氏が辞めてしまったら、梅ジャムは思い出の存在になってしまうかもしれない」とキャラクターが心配し、「梅ジャムの後継者になる」と言って旅に出ようとする場面がある。

それに対して物語の後半では高林社長の言葉を引用する形で、なぜ息子さんたちに継がせなかったのか、そこに込められた父親としての想いが語られる。

小学館のWEB漫画サイト『サンデーうぇぶり』では製造終了を受けて、この回の『だがしかし』を無料公開している。作者のコトヤマさんも「梅ジャム、「製造終了する前に描かせてもらえてよかったなあ」とか言っていいものなのか、難しくて悩んでしまいますね。お疲れ様でした、ありがとうございました」とツイッターで感謝を述べた。



この報せに梅ジャムを懐かしむ人々からは、「ソースせんべいに梅ジャム付ける文化はこれで途絶えてしまうんですかねぇ…」「給食でごはんにつけてのり巻いて食べた頃が懐かしいな」「自分で始めた商品を誰に押し付けるでなく、自分で閉じるってのはカッコイイ!」「製造終了してしまうのか…子供の頃の思い出がまた一つ消えてしまう」「だがしかしのおかげで製造終了する前に存在を知り、食すことができました。ありがとうございます」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top