「ふさわしくないと思った」…平昌五輪選手団主将・小平奈緒の決意 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「ふさわしくないと思った」…平昌五輪選手団主将・小平奈緒の決意

イベント スポーツ
日本代表選手団結団式に参加したスピードスケートの小平奈緒(2018年1月24日)
  • 日本代表選手団結団式に参加したスピードスケートの小平奈緒(2018年1月24日)
  • 日本代表選手団結団式に参加したスピードスケートの小平奈緒(2018年1月24日)
  • 日本代表選手団結団式
  • 日本代表選手団結団式に参加したスピードスケートの小平奈緒(2018年1月24日)
  • 日本代表選手団結団式に参加したスピードスケートの小平奈緒(2018年1月24日)
  • 日本代表選手団結団式
  • 日本代表選手団結団式
  • 日本代表選手団結団式
「三姉妹の末っ子で、昔から“恥ずかしがり屋の奈緒ちゃんと呼ばれていました」大勢の人の前に出ることが苦手だった語る彼女に、多くのカメラが向けられていた。

スピードスケート・小平奈緒選手は、開催が2週間後に迫る平昌五輪の日本代表選手団で主将を務める。1月24日に行われた日本代表選手団結団式では、主将として決意表明を行った。

女性の代表選手が主将を務めるのは2006年のトリノ五輪の岡崎朋美選手以来となる。理想のキャプテン像と問われると、「あまり構えることはないと思っています。自分のできることを最大限に示すことに徹することだと思っています」と答えた。



主将の打診がきた時のことを振り返り、「正直ふさわしくないのかな思いました。私で務まるのかなという思いでしたが、昨年から成績も伴ってくるようになり、今、私にしかできない役目かなと思いました。これからの学びにつなげることができると考えると、覚悟を決めることができました」と語った。

1998年の長野五輪から20年が経った2018年に開かれる平昌五輪。小平選手も長野五輪に魅せられた1人だ。「幼いころ長野五輪をみたときは、まさか自分がオリンピックの舞台で主将をやるなんて想像もつきませんでした。長野五輪の感動が、一年一年私を成長させてくれたのかなと思います。清水宏保選手や岡崎朋美選手が見た景色を自分の目で見てみたいと思います」と、選手としての意気込みも見せた。



そんな小平選手に、モチベーションを上げるために聴く曲を尋ねた。「様々なアーティストの方が勇気の出る歌声を届けてくれるので絞れないのですが」と前置きをしてから、Superflyの『beautiful』を挙げた。

“世界で一つの輝く光になれ”。『beautiful』の歌詞にあるように、オリンピックという大舞台で選手として、主将として輝きを放つ姿を見届けたい。
《山本有莉》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top