FIFAワールドカップ観戦「オフィシャルホスピタリティ・ プログラム」日本語申込サイト公開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FIFAワールドカップ観戦「オフィシャルホスピタリティ・ プログラム」日本語申込サイト公開

日本コンベンションサービスは、FIFAワールドカップロシア2018の観戦プログラム「オフィシャルホスピタリティ・プログラム」の日本語申込受付サイトを公開した。

イベント ツアー
FIFAワールドカップ観戦「オフィシャルホスピタリティ・ プログラム」日本語申込サイト公開
  • FIFAワールドカップ観戦「オフィシャルホスピタリティ・ プログラム」日本語申込サイト公開
  • FIFAワールドカップ観戦「オフィシャルホスピタリティ・ プログラム」日本語申込サイト公開
  • FIFAワールドカップ観戦「オフィシャルホスピタリティ・ プログラム」日本語申込サイト公開
日本コンベンションサービスは、FIFAワールドカップロシア2018の観戦プログラム「オフィシャルホスピタリティ・プログラム」の日本語申込受付サイトを公開した。

「オフィシャルホスピタリティ・プログラム」は、観戦チケット、スタジアムでの飲食サービス、記念品などを組み合わせた観戦プログラムだ。世界の一流企業や富裕層が購入しているパッケージで、これまで日本では主に企業が購入していた。今回、日本語の申込受付サイトを初めて開設。企業だけでなく、個人旅行などにも対応しやすくなっている。

購入時は、観戦チケットのカテゴリーや提供サービスを選択する「パッケージ」と、観戦する試合を選択する「シリーズ」を組み合わせて申し込む。パッケージ最上位クラスの「TSARSKY LOUNGE」では、ラウンジすぐ前のプライムシートで、ピッチを見渡しながら試合が観戦できる。ラウンジの中では、シェフが目の前で料理を提供するライブクッキング等が楽しめる。

申込期間は2018年5月までの予定。シリーズ「FINAL ROUND SERIES(準決勝2試合、決勝)」を観戦する際の価格例は、パッケージ「TSARSKY LOUNGE」US$37,800/名、「MATCH BUSINESS SEAT」US$25,200/名、「MATCH PAVILION」US$15,800/名。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top