【山口和幸の茶輪記】一度は走ってみたいしまなみ海道…ついに東京発のサイクリングバスツアーが登場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【山口和幸の茶輪記】一度は走ってみたいしまなみ海道…ついに東京発のサイクリングバスツアーが登場

オピニオン コラム

瀬戸内海にかかる大きな橋を渡って四国を目指すしまなみ海道
  • 瀬戸内海にかかる大きな橋を渡って四国を目指すしまなみ海道
  • 【山口和幸の茶輪記】一度は走ってみたいしまなみ海道…ついに東京発のサイクリングバスツアーが登場
  • Onomichi U2の朝食ビュフェはたまごの調理方法が指定できてとてもおいしい
  • 港湾倉庫を改装してサイクリスト向けホテルやジャイアントショップを出店したOnomichi U2
  • Onomichi U2から渡船乗り場まではすぐだ
  • 因島の名物ははっさく大福
  • 【山口和幸の茶輪記】一度は走ってみたいしまなみ海道…ついに東京発のサイクリングバスツアーが登場
  • 【山口和幸の茶輪記】一度は走ってみたいしまなみ海道…ついに東京発のサイクリングバスツアーが登場
広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道は、サイクリングコースが完備された巨大な橋が連続する。距離80kmの道のりは瀬戸内海に浮かぶ島々を満喫でき、東アジア随一のベストコースとも言われる。そしてなんと東京からのバスツアーも新登場した。

しまなみ海道をサイクリングする注目のバスツアーが11月17日(金)夜都内発~19日(日)朝着という日程で催行されることになり、その参加者募集が始まった。1人3万9800円。2座席利用はプラス1万円。Onomichi U2の朝食とゴール後の入浴料込みの料金で、因島のはっさく大福、生口島にあるドルチェのジェラートが補給地点で無料提供される。

Onomichi U2から渡船乗り場まではすぐだ

日本で最も有名なサイクリングコースとして知られる「しまなみ海道」だが、首都圏サイクリストにとっては交通費・愛車の移送・出発地に戻る移動手段が課題。その難点を解決したのが「しまなみ海道サイクリングバスツアー」だ。東京駅・新宿駅に愛車を持参すれば、独自の積載システムをトランクルームに備えた大型バスに持ち込める。外からアクセスできる施設として設計された神奈川県の港北PA・海老名SAでの乗降も可。

まずはしまなみ海道のルートを確認してみよう。走行距離は77.5kmで、ロードバイクなら5時間ほどで走りきれる。コース状況は初級者にも優しく、それぞれの橋のアプローチとなるスロープに坂道があるが、それ以外は推奨ルートなら平たん。道の駅などトイレを完備した休憩ポイントが要所にあり、地元特産を味わえるお店も沿道にはたくさんある。カップルで走りに行くのもいいと思う。

尾道駅=7.5km=向島・立花臨海公園=8.0km=因島フラワーセンター=19.6km=生口島サンセットビーチ=5.9km=大三島・多々羅しまなみ公園=9.0km=伯方島・マリンオアシスはかた=14.3km=大島・吉海サイクリングターミナル=6.7km=今治・サンライズ糸山=6.5km=今治駅

●尾道駅~向島・立花臨海公園
尾道から渡船で向かい側に見える向島(むかいしま)に渡る。自転車をそのままの状態で船に持ち込むことができる。所要時間は約4分。立花臨海公園は因島大橋のふもとにある。

●向島・立花臨海公園~因島フラワーセンター
およそ50mの高低差がある因島大橋を渡って因島(いんのしま)へ。サイクリングロードの標識に従い、島の北側を走ってフラワーセンターへ。

●因島フラワーセンター~生口島サンセットビーチ
生口橋を渡って、島全体が美術館となって美術作品が点在する生口島(いくちしま)へ。島の北側を走ればサンセットビーチへ。南側を走るルートもある。

因島の名物は、はっさく大福

●生口島サンセットビーチ~大三島・多々羅しまなみ公園
多々羅大橋で大三島(おおみしま)へ。島々を結ぶ橋の途中からは大小さまざまな船や島が見える。多々羅しまなみ公園には「しあわせの鐘」がある。鐘を鳴らすとだれでも「しあわせ」になれるという。

●大三島・多々羅しまなみ公園~伯方島・マリンオアシスはかた
大三島橋を渡って伯方島(はかたじま)へ。製塩業が盛んなところ。伯方(はかた)の塩ソフトクリームが有名。

●伯方島・マリンオアシスはかた~大島・吉海サイクリングターミナル
伯方・大島大橋を渡って大島へ。島の中央をまっすぐに進むこともできるが、北側を行くことも可能。ただし上りが厳しい。3kmの激坂を上って亀老山展望公園に行けば、絶景を見ることができる。

●大島・吉海サイクリングターミナル~今治・サンライズ糸山
長さ6.2kmの来島海峡大橋を渡れば愛媛県今治市に到着。サンライズ糸山にはサイクリングターミナルや宿泊施設がある。

●今治・サンライズ糸山~今治駅
下り基調の道を走って今治市内へ。

今回初企画されたしまなみ海道サイクリングバスツアーは、現地スタート地となるサイクリストのための複合施設「Onomichi U2」でまずは朝食。態勢を整えてから出発できる。2人体制のバス乗務員は帰路の運転に備えて睡眠を取るが、現地サポートカーが別に用意されてトラブルに対応してくれる。パンク修理などは参加者自身が対応するスタイルだが、途中2カ所で人気の補給食がふるまわれる。

Onomichi U2の朝食ビュフェは、たまごの調理方法が指定できてとてもおいしい

ゴールは今治市。リニューアルしたばかりの温泉施設「しまなみ温泉喜助の湯」で、早く到着した参加者は待機したバスに愛車を収納し、最後尾を待つことなく汗を流して休憩することができる。全行程は約75km。健脚派なら来島海峡大橋を望む標高308mの亀老山に立ち寄ることもできるだろう。

都内の出発は金曜の夜20時から21時。今治の出発は土曜の夜19時前後。厳格な運行規定に沿って2時間ごとに運転士の交替・参加者のための休憩がある。都内には日曜朝に到着する。

国際興業トラベル
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top