【9月13日プロ野球全試合結果】広島が優勝マジック2で14日にも優勝、ロッテ・佐々木千隼がプロ初完投、オリックス・マレーロが3打席連発 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【9月13日プロ野球全試合結果】広島が優勝マジック2で14日にも優勝、ロッテ・佐々木千隼がプロ初完投、オリックス・マレーロが3打席連発

スポーツ 短信

プロ野球全試合結果
  • プロ野球全試合結果

広島が打線爆発で優勝マジック2、14日に優勝も…DeNAは投手陣が崩壊


広島は9月13日、マツダスタジアムでDeNAと対戦。打者一巡を2回記録するなど打線が爆発し、12-4で大勝。同日の試合で2位の阪神が敗れたため、優勝マジックは2つ減り2となった。

広島は0-2と2点ビハインドで迎えた1回裏、田中広輔内野手の先頭打者本塁打で1点を返すと、2死一、三塁の好機に安部友裕内野手が適時打を放ち2-2の同点に。続く好機に打線がつながり、岩本貴裕外野手の適時打など打者一巡の猛攻で6-2と勝ち越しに成功した。

その後、DeNAに2点差まで追い上げられるも、6回裏に再び打線が爆発。菊池涼介内野手の適時二塁打や満塁での安部の適時二塁打などで一挙6点を追加。12-4と大量リードを奪った。

投げては、2番手の九里亜蓮投手が今季9勝目。敗れたDeNAは投手陣が崩壊した。


ロッテ、佐々木千隼がプロ初完投「最後まで投げられるのはピッチャーとして幸せ」


ロッテは9月13日、札幌ドームで日本ハムと対戦。先発の佐々木千隼投手が9回1失点の快投を見せ、4-1で勝利した。

ロッテは初回、走者二塁の好機を作ると、打撃好調の角中勝也外野手が適時打を放って幸先良く1点を先制。続く好機に中村奨吾内野手にも適時打が飛び出し2-0とした。

3回表には指名打者・ペーニャが初球をたたいて今季第12号のソロ本塁打。4回表には、走者三塁の場面で再び角中が適時打を放ち4-0とリードを広げた。

投げては、およそ2ヶ月ぶりの1軍登板となった佐々木が、あわや完封の打たせてとる投球で日本ハム打線を封じた。敗れた日本ハムは、9回に横尾俊建内野手の一発で完封をまぬがれるので精一杯だった。

佐々木はお立ち台で「途中まで四球がなかったのが良かった」とし、完投したことについては「最後まで投げられるのはピッチャーとして幸せ」と勝利をかみしめていた。



ヤクルトが中日との投手戦を制す…原樹理が7回1失点の好投


ヤクルトは9月13日、神宮球場で中日と対戦。先発の原樹理が7回1失点の好投を見せ、2-1で投手戦をものにした。

ヤクルトは初回、2死二塁の好機を作ると、山田哲人内野手が適時打を放って1点を先制。3回裏には満塁の好機で、山田が適時内野安打を放ち2-0とリードを広げた。

投げては、先発の原が中日打線を封じて今季3勝目。敗れた中日は、ヤクルトよりも多い9安打を放ちながらも、好機を生かせなかった。



巨人、吉川光夫が6回無失点で移籍後初勝利…阪神は岩田稔が誤算


巨人は9月13日、甲子園球場で阪神と対戦。先発の吉川光夫投手が6回無失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、7-2で勝利した。

巨人は0-0で迎えた2回表、走者一、二塁の好機を作ると、小林誠司捕手が適時打を放ち1点を先制。その後も陽岱鋼外野手の適時打やマギー内野手の今季第16号となる3点本塁打など打線がつながり、6-0と大量リードを奪った。

投げては、先発の吉川が阪神打線を封じて、日本ハムからの移籍後初勝利を挙げた。敗れた阪神は、9回裏に糸井嘉男外野手の本塁打で2点を返すも、反撃はそこまでだった。



オリックス、マレーロが3打席連発…ソフトバンクの連勝は9でストップ


オリックスは9月13日、ヤフオクドームでソフトバンクと対戦。指名打者・マレーロが3打席連続本塁打を放つ活躍を見せ、5-2で勝利した。

オリックスは0-0で迎えた2回表、マレーロの今季第14号となるソロ本塁打で1点を先制。その裏に同点とされるも、4回表には、マレーロのこの日2本目となる本塁打が飛び出すなど4-1と勝ち越しに成功。6回表には、マレーロが3打席先発となるソロ本塁打を放ち、5-1とリードを広げた。

投げては、先発したエースの金子千尋投手が7回2失点の好投を見せ、今季11勝目。敗れたソフトバンクは、バンデンハーク投手が6回5失点と誤算だった。



西武、中村剛也が逆転3ラン…楽天とのゲーム差を2.5に広げる


西武は9月13日、Koboパーク宮城で楽天と対戦。主砲・中村剛也内野手が逆転3ランを放ち、7-3で逆転勝利をおさめた。

西武は0-3と3点ビハインドで迎えた5回表、1死一、三塁の好機を作ると、源田壮亮内野手が適時打を放って1点を返す。6回表には、1死一、二塁の場面で、中村が今季第26号となる3点本塁打を放ち4-3と逆転に成功。以降の回も源田の適時打などで加点し、7-3とリードを広げた。

投げては、先発の十亀剣投手が6回3失点と粘りの投球を見せて今季8勝目。敗れた楽天は先発の藤平尚真投手が序盤は好投するも、中村にくらった一発が痛かった。楽天は西武戦では引き分けを挟んで9連敗。2位西武とのゲーム差も2.5に広がった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top