【INDYCAR 第14戦】佐藤琢磨、今季2度目のポールポジション獲得…狙うはインディ500以来の勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【INDYCAR 第14戦】佐藤琢磨、今季2度目のポールポジション獲得…狙うはインディ500以来の勝利

イベント スポーツ

#26 佐藤琢磨が今季2回目のポールポジションを獲得した。
  • #26 佐藤琢磨が今季2回目のポールポジションを獲得した。
  • #26 佐藤琢磨が今季2回目のポールポジションを獲得した。
  • 決勝にも大きな期待がかかる佐藤琢磨。
  • 予選2位の#1 パジェノー。
  • 予選3位の#83 キンボール。
現地19日、インディカー・シリーズ第14戦の予選が米ペンシルベニア州ロングポンドのポコノ・レースウェイで実施され、佐藤琢磨が今季2度目のポールポジションを獲得した。20日の決勝でインディ500以来の今季2勝目を目指す。

特徴的な三角オーバルのポコノで第14戦を迎えたインディカー・シリーズ。今回を含めて残り4戦を5週で消化、第14~16戦は3連戦というタイトスケジュールへの突入である。

自身の予選アタックに臨む前、佐藤琢磨(#26 Andretti Autosport/ホンダ)には「ナーバスになりましたね」という要素があった。チームメイトのライアン・ハンターレイ(#28 Andretti Autosport/ホンダ)がアタック前のウォームアップラップでクラッシュを喫しており、「彼とは考え方やセットアップを多く共有しています」という琢磨にとっては、「彼に起きたことは自分にも起こり得るわけですからね」という状況だったのである。

しかし、限られた時間のなかで「エンジニアが可能な限りのデータを検証してくれましたね」。そして微調整が加えられたマシンは「素晴らしいフィーリングでした」。琢磨は見事に今季2回目、インディカー通算7回目のポールポジションを獲得する。そして「エンジニア、そしてチームのみんなが信じられないくらい素晴らしい仕事をしてくれたおかげです」と仲間を讃えた。

琢磨は今季のチーム傾向として、インディ500を含むビッグオーバル系のコースでは特に強い、との旨を6月の凱旋帰国時に語っていたが、今回のポコノも三角形状とはいえビッグオーバルの部類といっていいだろう。やはり、そこでのマシンアドバンテージはあるようだ。このまま決勝でも好調を保ち、今季2勝目(通算3勝目)を達成することに期待したい。

予選2位は昨年のシリーズ王者シモン・パジェノー(#1 Team Penske/シボレー)、同3位はチャーリー・キンボール(#83 Chip Ganassi Racing/ホンダ)。現在ポイントリーダーのジョセフ・ニューガーデン(#2 Team Penske/シボレー)は今回予選14位。

注目の決勝レースは現地20日に実施される。
《遠藤俊幸@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top