チェルシー開幕2試合目で厳しい台所事情、負傷者の多さにコンテ監督も頭を悩ませる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

チェルシー開幕2試合目で厳しい台所事情、負傷者の多さにコンテ監督も頭を悩ませる

スポーツ 短信

負傷中のエデン・アザール 参考画像(2016年5月15日)
  • 負傷中のエデン・アザール 参考画像(2016年5月15日)
  • チェルシーのアントニオ・コンテ監督 参考画像(2017年4月30日)
イングランド・プレミアリーグ第2節が8月20日に行われる。昨季王者のチェルシーが早くも昨季2位のトッテナム・ホットスパーと対戦するが、注目の一戦を前にアントニオ・コンテ監督は負傷者の多さに頭を悩ませた。

エースのエデン・アザールを始め主力選手に負傷者が出ているチェルシー。コンテ監督は「アザールは良くなってきているが、完璧な状態になるには時間が必要だと思う。彼については我慢しなければならない」と今節も起用しない方針だ。

MFが足りないチェルシー、監督は「同情などしてほしくない」と話すも「私は止めた」

足首の痛みがあるペドロに関しても「難しい状態」と話す。

「ペドロについてはどうなるか分からない。彼の状態は非常に難しいものだ。日曜日にベンチに入れるか否か私には分からない」

バカヨコは「大きく改善している」と起用予定を語った。

「フィジカルの状態は最高潮ではないが試合に出ることはできると思っている。現状ではほかに起用可能なMFがいない」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top