中日が快勝、吉見一起が7回2失点の好投…ゲレーロは今季第30号3ラン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日が快勝、吉見一起が7回2失点の好投…ゲレーロは今季第30号3ラン

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
中日は8月13日、ナゴヤドームでヤクルトと対戦。先発の吉見一起投手が7回2失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、7-2で快勝した。

中日は1-1で迎えた3回裏、主砲・ゲレーロ外野手が今季第30号となる3点本塁打を放ち4-1と勝ち越しに成功。その後1点を返されるも、6回裏には福田永将内野手が今季第9号の3点本塁打を放ち、7-2とリードを広げた。

投げては、吉見がヤクルト打線を封じて今季3勝目。敗れたヤクルトは、先発の由規投手が4回4失点と誤算だった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top