ソフトバンク、日本ハムとの接戦を制す…今宮健太が決勝弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、日本ハムとの接戦を制す…今宮健太が決勝弾

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクは7月30日、ヤフオクドームで日本ハムと対戦。今宮健太内野手が決勝弾を放ち、4-3で勝利した。

ソフトバンクは初回、走者一、二塁の好機を作ると、指名打者・デスパイネが適時打を放ち1点を先制。2-1と1点リードして迎えた5回裏には、今宮が2試合連続となる本塁打を放ち、4-1とリードを広げた。その後、1点差まで詰め寄られるも、最後は守護神・サファテ投手が締めて逃げ切った。

先発の武田翔太投手は6回途中6奪三振2失点の好投を見せ、今季3勝目。敗れた日本ハムは中島卓也内野手のプロ初本塁打などで反撃したが、あと一歩及ばなかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top