西武、投打がかみ合い5連勝…中村剛也が同点弾&ダメ押し打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、投打がかみ合い5連勝…中村剛也が同点弾&ダメ押し打

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
西武は7月26日、メットライフドームでオリックスと対戦。主砲・中村剛也内野手が同点弾、ダメ押し打を放つ活躍を見せ、6-2で勝利した。

西武は0-2と2点ビハインドで迎えた1回裏、2死二塁の好機を作ると、中村が今季第22号のソロ本塁打を放ち同点とする。4回裏には走者一、二塁の場面で山川穂高内野手らに適時打が飛び出し、3点を追加。5回裏には、中村が適時打を放ち6-2とリードを広げた。

投げては、先発の岡本洋介投手が5回2失点と先発の役割を果たして今季4勝目。敗れたオリックスは初回以降は打線が振るわず、痛恨の7連敗となった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top