楽天が緊急補強、巨人からクルーズを金銭トレードで獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天が緊急補強、巨人からクルーズを金銭トレードで獲得

スポーツ 選手

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
楽天が7月26日に巨人から金銭トレードでルイス・クルーズを獲得した。入団会見が行われ背番号は『67』番になることが発表されている。

2015年12月に巨人と2年契約を結んだクルーズ。ロッテ時代にゴールデングラブ賞を受賞した守備で坂本勇人との二遊間に期待を寄せられたが、初年度の2016年は故障もあり81試合の出場にとどまった。

2年目の今季は新加入のケーシー・マギーが好調なこともあり外国人枠争いで敗れ、二軍生活が続いていた。

楽天の安部井寛チーム統括本部長はクルーズ獲得理由について、「今シーズン60試合以上残しているなかで、センターライン層の強化、また今後過密日程になってきますので、選手層を厚くしたいという思いがありました」と説明している。

楽天は遊撃手の茂木栄五郎が右ヒジ痛で長く戦列を離れ、二塁手の藤田一也も腰痛で出場登録を抹消された。カルロス・ペゲーロ、岡島豪郎も23日のオリックス戦で負傷。4年ぶりの優勝を目指す上で試練の時を迎えている。

今回のトレードでは、楽天のチーム事情と一軍出場機会を求めるクルーズとの思惑が一致した。

「このチャンスをくれた球団に感謝しています。準備はできていますし、チームはパ・リーグ首位でチャンピオンを狙える位置にいますので、チャンピオンになるために自分ができることを精一杯やっていきたいと思います」


クルーズ加入にファンからは、「巨人では枠いっぱいだし楽天行ったほうが出場機会あるかもね」「楽天も外国人枠は余ってないんですが…。ペゲーロ戻ってきたらどうするの?」「これはビックリ。楽天が本気で優勝を狙ってるのが分かった」「ロッテファンが複雑だろうな」などの声が寄せられている。

さっそくクルーズは26日のソフトバンク戦から出場する予定。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top