上原浩治が1回無安打ピッチング、今季13ホールド目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

上原浩治が1回無安打ピッチング、今季13ホールド目

シカゴ・カブスの上原浩治が7月17日のアトランタ・ブレーブス戦に2番手で登板した。打者3人を無安打、1奪三振に抑えた上原は今シーズン13ホールド目を挙げている。

スポーツ 短信
今季13ホールド目を挙げた上原浩治(2017年7月17日)
  • 今季13ホールド目を挙げた上原浩治(2017年7月17日)
  • 今季13ホールド目を挙げた上原浩治(2017年7月17日)
シカゴ・カブスの上原浩治が7月17日のアトランタ・ブレーブス戦に2番手で登板した。打者3人を無安打、1奪三振に抑えた上原は今シーズン13ホールド目を挙げている。

先発のジョン・レスターが7回を投げ3安打1失点の好投。クローザーのウェイド・デービスにつなぐセットアップマンとして上原がマウンドに登る。

上原は先頭のショーン・ロドリゲスをサードゴロに抑えると、ヨハン・カマルゴはセンターフライ、ダニー・サンタナは空振り三振に切って取った。

カブスは3点差の最終回にデービスが2点を失いながらもリードは死守。4連勝を飾った。


上原の好投にファンからは、「魂のストレート、健在ですね」「MLB通算80ホールドおめでとうございます」「是非とも100ホールドを達成してほしい」「これは来年もメジャーですね」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top