札幌の福森晃斗がFKで1試合2得点、劇的同点弾は「自信があった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

札幌の福森晃斗がFKで1試合2得点、劇的同点弾は「自信があった」

明治安田生命J1リーグ第18節が7月8日に行われた。北海道コンサドーレ札幌は敵地で大宮アルディージャと対戦。後半アディショナルタイムに福森晃斗のゴールで追いつき、2-2の引き分けに持ち込んでいる。

スポーツ 短信
サッカーボール イメージ
  • サッカーボール イメージ
明治安田生命J1リーグ第18節が7月8日に行われた。北海道コンサドーレ札幌は敵地で大宮アルディージャと対戦。後半アディショナルタイムに福森晃斗のゴールで追いつき、2-2の引き分けに持ち込んでいる。

ともに降格争いから抜け出すため負けられない両チーム。試合は大宮が長短のパスを織り交ぜ主導権を握った。前半はスコアレスで折り返すが後半2分、ロングスローからゴール前で競り合い最後は大前元紀がゴール。大宮が先制する。

先制点から2分後には江坂任も決めて大宮は2-0とリードを広げた。

その後もピンチはあった札幌。だが決定的な3点目を防ぎ続けて迎えた同36分、ゴールほぼ正面でFKを得ると福森が直接決め1点差に追い上げた。そして1点ビハインドのまま迎えたアディショナルタイム、札幌は再びエリア付近でFKを獲得する。

このチャンスに左脚を振り抜いた福森。ボールは理想通りのコースを通ってネットを揺らした。

「最初は(小野)伸二さんとヘイスと話して、ヘイスが蹴る感じだったんですけど、自分は1点取っててもう一本蹴ればまた入れられる自信はありました」

FKで2ゴールは人生初と語る福森。ゴールに入ったかは見えていなかったが、みんなが喜んでくれて良かったと安堵した。

「あれは自分が蹴りましたけど、チーム全体としてあそこの位置までいけたというのはひとつの形ですし、自分が代表して蹴っただけ。みんなで最後の最後に勝ち取ったフリーキックなのかなと思います」


劇的な同点弾にファンからは、「メンタル強いし、コースが凄すぎ」「これが決まらなかったら完璧な負けゲーム!お見事!!」「札幌にいい位置でFK与えちゃダメだわ」「2連続でフリーキック決めるのはすごい」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top