ロッテ、唐川侑己が8回途中2失点の好投…オリックスは打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、唐川侑己が8回途中2失点の好投…オリックスは打線が沈黙

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ロッテは7月8日、ほっともっとフィールド神戸でオリックスと対戦。先発の唐川侑己投手が8回途中2失点の好投を見せ、6-2で勝利した。

ロッテは1-1で迎えた6回表、走者二塁の場面でパラデス内野手が適時打を放ち勝ち越しに成功すると、続く2死一、三塁の好機で中村奨吾内野手が適時打を放って3-1。その後、オリックスの1点を返されるも、終盤にも3点を追加して試合を決めた。

投げては、唐川が5回まで無安打の快投を見せて今季4勝目。敗れたオリックスは、打線がわずか3安打と振るわなかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top