西武、打線爆発で日本ハムに快勝…中村剛也が今季3度目の“おかわり弾” | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、打線爆発で日本ハムに快勝…中村剛也が今季3度目の“おかわり弾”

スポーツ 短信

東京ドーム
  • 東京ドーム
西武は7月3日、東京ドームで日本ハムと対戦。主砲・中村剛也内野手が今季3度目となる“おかわり弾”を放ち、11-4で快勝した。

西武は1-2と1点ビハインドで迎えた3回表、1死二、三塁の好機を作ると、中村が3点本塁打を放ち4-2と逆転に成功。その後、1点差に詰め寄られるも、6回表には金子侑司外野手が適時打を放ち1点を追加。

7回表には、中村がこの日2本目となるソロ本塁打を放ち、6-3とリードを広げると、9回表には無死満塁の場面で指名打者・栗山巧が適時打を放つなど打線がつながり、一挙5点を追加して試合を決めた。

投げては、先発の岡本洋介投手が6回途中3失点の好投を見せて今季3勝目を挙げた。敗れた日本ハムは、先発の高梨裕稔投手が6回5失点と振るわなかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top