長野久義が決勝アーチ、不振を抜け6月は復調気配「盛り返さなきゃいけない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

長野久義が決勝アーチ、不振を抜け6月は復調気配「盛り返さなきゃいけない」

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ヤクルト対巨人戦が6月27日に山形県の荘銀・日新スタジアムで行われた。三回までヤクルト先発の由規に1安打と抑え込まれていた巨人だが、四回に逆転するとその後は接戦を制し4-3で勝利した。

巨人は1点ビハインドの四回にケーシー・マギーが1アウトから四球で出塁。陽岱鋼の二塁打、村田修一の適時打で同点に追いつく。この回さらに小林誠司の犠牲フライで逆転に成功した。

同点に追いつかれた巨人だが七回には長野久義に今シーズンの第3号ソロ。これが決勝点となり勝利した。

勝ち越し弾の長野は「風が吹いていたので、上がったら入るかなと思ってました」と打席を振り返る。シーズン序盤は調子の上がらない時期もあった長野。だが6月の月間打率は.377を記録するなど快音が戻ってきた。

「まだまだ最初のほうの打ててない分があるので、盛り返さなきゃいけないと思っています」と語った長野。今後も勝利につながる一打を放ち続けられるか。

この試合にファンからは、「長野選手ありがとう。調子戻ってきた」「まだまだどんどん打っていってほしい!」「長野選手は手がつけられないですね!4月、5月の不調がウソのようです」「監督が信じて使い続けた結果が出てきた」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top