マレーが1回戦で敗れる波乱、世界ランク90位のトンプソンにストレート負け | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マレーが1回戦で敗れる波乱、世界ランク90位のトンプソンにストレート負け

スポーツ 短信
アンディ・マレー(2017年6月20日)
  • アンディ・マレー(2017年6月20日)
男子テニスのエイゴン選手権で6月20日にシングルス1回戦が行われた。第1シードのアンディ・マレーはジョーダン・トンプソンと対戦し6-7、2-6で敗北。世界ランク1位が初戦で姿を消す波乱だった。

7月のウィンブルドン選手権で連覇が期待されるマレー。ロンドンでの前哨戦に参加したが世界ランク90位のトンプソン相手にミスを連発。第1セットをタイブレークで落とすと第2セットも持ち直すことができなかった。

マレーの敗戦をよりショッキングなものにしているのが、対戦相手のトンプソンは予選決勝で敗れ補欠登録扱いだったことだ。本戦出場者に欠員が出たため急きょ出場が決まったラッキールーザー(幸運な敗者)からマレーに勝利した。

トンプソンは「本当にうまくいった」と試合を振り返り、「サーブがとても良かった。多くのフリーポイントがあった。あまりミスをしなかった」と勝因を語った。

敗れたマレーは「彼はよく動いていたし、サーブも良かった」とトンプソンを称賛。前哨戦で早期敗退となったことには、「大きな痛手であることは確か。この大会は過去も僕に良い準備を与えてくれたし、ここで好成績を残せたときはウィンブルドンでも良くなる傾向があったから」としている。


マレーの1回戦負けにファンからは、「少しずつだが時代が変わってきてるのかな」「まだ完全復活というのは厳しいな」「この状態でウィンブルドンは難しいだろうな」「だけどマレーは前哨戦で早期敗退しても本番には仕上げてくるだろ」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top