【交流戦】オリックス、駿太が劇的サヨナラ打…ヤクルトは打線が振るわず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【交流戦】オリックス、駿太が劇的サヨナラ打…ヤクルトは打線が振るわず

スポーツ 短信

京セラドーム イメージ
  • 京セラドーム イメージ
オリックスは5月31日、京セラドーム大阪でヤクルトと対戦。駿太外野手がサヨナラ打を放ち、2-1で劇的な勝利を飾った。

オリックスは0-1と1点ビハインドで迎えた8回裏、走者三塁の好機を作ると、モレルが適時打を放ち試合を振りだしに戻す。その後延長戦に入り迎えた10回裏、2死二塁の好機を作ると、駿太が適時二塁打を放って試合を決めた。

投げては、5番手で登板した小林慶祐投手がプロ初勝利。敗れたヤクルトは、先発の石川雅規投手が6回無失点と好投を見せるも、打線が援護できなかった。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top