香川真司、バス爆発事件発生時の恐怖…「逃げろ!早くバスを出せと叫んでる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

香川真司、バス爆発事件発生時の恐怖…「逃げろ!早くバスを出せと叫んでる」

スポーツ 選手
香川真司 参考画像(2017年4月1日)
  • 香川真司 参考画像(2017年4月1日)
  • ドルトムントのチームバス付近で爆発事故(2017年4月11日)
  • ドルトムントのチームバス付近で爆発事故(2017年4月11日)
  • 負傷した右手首を突き上げて歓喜するドルトムントのマルク・バルトラ(2017年5月20日)
  • 最終節でブレーメンに勝利したドルトムント(2017年5月20日)
ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントに所属するサッカー日本代表MF香川真司が5月21日、ブログを更新。4月11日にチームバスが襲われた爆発事件について詳細をつづっている。

この日は、「伝えたい事 」とエントリー。「昨日の試合でドルトムントでの今シーズンのリーグ戦の試合が終わりました。昨日は厳しい試合でしたが、勝ちきれて良かったです。」と香川。ドルトムントは21日、リーグ最終節でヴェルダー・ブレーメンをホームに迎え4-3で競り勝った。香川はフル出場し、同点弾を演出する活躍を見せている。

「リーグが終わり、応援して頂いている皆さんに伝えたい事があります。」と爆発事件について切り出す香川。本来ならば自分の声で伝えるべきなのかもしれないが、「皆さんに自分の思った事、経験した事をしっかりと伝える場として今回はブログに書かせてください。」と語りはじめた。

「僕は朝クラブハウスに集合してその後ホテルへ移動。いつも通りの流れで試合に臨む予定でした。音楽を聴きながら、部屋を出てロビーを通りバスに乗る。だいたい同じ場所に座ります。真ん中くらいかな。」と香川は、その日も普段通りの朝だった。

「この試合僕にとっても楽しみな試合でした。」と香川。「チャンピオンズリーグ、過去から考えてもこの大会で結果を出せていない。コンディション的にもメンタル的にもその時期は充実してきていました。だからこの試合は、僕にとって大事な試合でした。。」と強い想いを持って試合に臨むはずだった。

「食事を取って、Mtgをして、音楽を聴きながらバスに乗る。皆が揃ったのでいつも通りバスが出る。出て100メートルぐらいかな。大きな音が鳴りました。」と香川は爆発までを説明。

爆発音が鳴り響いた瞬間、「びっくりというか、何が起きたか?その時はよく分かりませんでした。爆発?なに?」と香川は最初はバスが銃で撃たれたと思ったそうだ。

「みんながバスの座席下にしゃがみこんで。逃げろ!早くバスを出せと叫んでるんです。僕らの中では、銃弾で打ち込まれ誰かに襲撃されるような。そんな感じで、僕は気が動転して何も言葉を出せず。何もできず。しゃがんでいたので、何が起きているのか?怖くて。そんな中早くバス出せって!!後ろから選手の声が聞こえてきました。100メートルぐらい進み、そこでバスが止まりました。後ろを見ると、バスのガラスが割れて飛び散り、マルクがうずくまり。僕も皆も呆然。」

しばらくすると警察が到着。香川ら選手は、車数台に分かれてスタジアムに移動した。「車の中では言葉も出ず。頭の中には先ほどの大きな音とバスの中の情景だけが残りました。次の日に試合が行われる事を聞きましたが、僕は頭の中で試合をするイメージが出来なかったです。たぶん僕以外の選手みんなもそうだったと思います。」と香川は吐露。恐怖心は消えることなく、家に帰るとニュースで事件を知った人から連絡が来たが、頭に入らなかったという。

翌日に延期された試合に備え睡眠をとろうとする香川だが、なかなか寝ることはできなかった。「やっと少し寝て夢を見ました。同じ情景、同じ音 またバスのガラスが割れる夢。」と香川は、悲惨な光景を夢にまで見たと明かした。

「本当に怖かったし、今も怖いです。本音いうとバスに乗るのも、試合に行くのも。」

香川は、今回の爆発事件の犯人は逮捕されたようだが、今度もドルトムントや他のチーム、競技が狙われるのではないかと懸念を示した。

「今まで戦争や、テロというのは自分にとって遠いイメージがありました。でも今回このような事が起きて他人事ではなく本当身近に危険がある事を実感しました。世界の中では、このような恐怖を経験して生活をしている人がいる事を思うと本当に息苦しくてしょうがありません。このような状況は、もう誰も経験して欲しくない。世界がこのような恐怖や、争いのない世の中になって欲しい。切に願います。」

最後に香川は、「綺麗事かもしれません。ただサッカー選手として、一人の人間として、世界中の子供達にとって安全な世の中であって欲しいと本当に思います。昨日の試合で、マルクと共にプレーする事が出来て本当に良かったし、復帰出来た事が本当に嬉しかったです。僕にはまだカップ戦、ワールドカップ予選と大事な試合がありますが、まずはリーグ戦が終わった節目なので。応援してくださる皆さん本当に応援いつもありがとう。」と締めくくっている。

ファンからは、「あの時は本当にビックリして心配していました!真司君の体験した事読んでいると怖く、胸が苦しくなりました」「本当に本当に怖いことです。もうこんな事件は二度あってほしくないです。バルトラ選手復帰して本当によかったです!」「涙が出てきました 犯人は本当に許せないです」「思い出したくない程の辛く悲しい出来事を素直な言葉で綴って、子供たちの安全と世界平和を願う真司くんの想いが伝わってきて、涙が溢れました」などのコメントが寄せられていた。

《桜川あさひ》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top