U-20日本代表が白星発進…ゴールの小川航基&堂安律が喜びの声「この勝ち点は本当に大きい!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

U-20日本代表が白星発進…ゴールの小川航基&堂安律が喜びの声「この勝ち点は本当に大きい!」

スポーツ 短信

小川航基 参考画像(2017年3月26日)
  • 小川航基 参考画像(2017年3月26日)
  • 堂安律 参考画像(2015年11月15日)
U-20サッカー日本代表は5月21日、韓国で開催されているU-20ワールドカップ(W杯)グループD第1節に臨みU-20南アフリカ代表と対戦。2-1で勝利した。

先制点を奪ったのは南アフリカ。1点ビハインドの日本代表は同19分、CKからFW小川航基がシュートを放つもポストに嫌われた。小川は同29分にもMF三好康児のクロスにヘッドで合わせるも枠に入らない。

後半に入り日本代表は立ち上がりに追いついた。同3分、FW岩崎悠人からグラウンダーの左クロスを受けた小川がゴールに押し込み同点。同27分には、MF堂安律のパスにペナルティエリア左に走り込んだFW久保建英が折り返し、これを堂安がゴールに突き刺し逆転。日本代表が初戦を白星で飾った。

試合終了後に先制点の小川は、「初戦苦しみながらもなんとか勝ちました!この勝ち点は本当に大きい!!」とインスタグラムで勝利を報告。チームメイトと食事中の写真を掲載している。


また、決勝ゴールの堂安も「初戦勝利!このままの勢いでいっちゃいましょう!!」とインスタグラムでコメント。小川と同様の写真、試合中の写真数枚を載せている。


ファンからは、「おめでとう!」「ナイスゴール!」「逆転できたのは大きいですね!」「試合家族全員でそろって応援させていただきました!この調子で頑張って下さい!」「次の試合もゴール期待してます!」などのコメントがそれぞれのSNSに寄せられていた。

U-20日本代表の次戦は5月24日、U-20ウルグアイ代表と対戦する。
《桜川あさひ》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top