ロッテが今季ソフトバンクに初勝利、5連敗でストップ「久々に気持ちよかった!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテが今季ソフトバンクに初勝利、5連敗でストップ「久々に気持ちよかった!」

スポーツ 短信

ZOZOマリンスタジアム(2017年5月6日)
  • ZOZOマリンスタジアム(2017年5月6日)
ロッテは5月6日、ZOZOマリンスタジアムでソフトバンクと対戦。先発の二木康太投手が好投を見せるなど投打がかみ合い、4-1で今季ソフトバンクに初勝利。連敗を5でストップした。

ロッテは2回裏、1死二、三塁の好機を作ると、田村龍弘捕手が適時打を放って2点を先制。4回裏には1死一、三塁の場面で荻野貴司外野手がセーフティ気味のスクイズを決め、3-0とリードを広げる。その後、ソフトバンクに1点を返されるも、5回裏にはキャプテンで4番の鈴木大地内野手が、ソフトバンク・先発の攝津正投手のカーブをとらえ、今季第4号のソロ本塁打をたたきこんだ。

投げては、二木が味方の好守備にも助けられながら、5回1失点と要所を抑える投球を見せ、今季2勝目。最終回は今季いまだ無失点を続ける内竜也投手が2三振を奪うなど安定した投球で締めた。





《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top