ドルトムントが4季連続決勝進出、DFBポカール準決勝でバイエルンに逆転勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドルトムントが4季連続決勝進出、DFBポカール準決勝でバイエルンに逆転勝利

スポーツ 短信
ドルトムントがDFBポカール準決勝でバイエルンに逆転勝利 (2017年4月26日)
  • ドルトムントがDFBポカール準決勝でバイエルンに逆転勝利 (2017年4月26日)
サッカーのドイツ杯(DFBポカール)準決勝が4月26日に行われた。香川真司の所属するボルシア・ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンと対戦し3-2で勝利した。香川はベンチ入りしたが出番はなかった。

ドイツ・ブンデスリーガでは首位バイエルンに大差をつけられ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でもベスト8で敗退したドルトムント。残されたタイトル獲得のチャンスをつかむため、敵地でバイエルンに挑んだ。

序盤はバイエルンが優勢に試合を進めるも、先制したのはドルトムントだった。バイエルンのバックパスをラファエル・ゲレイロがカット。キーパーの股の間を狙ったシュートはポストに跳ね返されるが、こぼれ球をマルコ・ロイスが押し込む。

しかし、バイエルンは前半28分にアリエン・ロッベンのCKから、ハビ・マルティネスが頭で決めて追いつく。さらに攻勢を仕掛けるバイエルンは同41分、フランク・リベリーのパスからマッツ・フンメルスが決めて前半のうちに逆転に成功した。

後半に入っても試合の主導権はバイエルンが握る。何度も決定機を作りドルトムントのゴールを脅かした。だがチャンスをものにできないでいると後半24分、ウスマン・デンベレのクロスからピエール・エメリク・オーバメヤンが決め、ドルトムントが同点に追いついた。

さらにドルトムントは5分後、ボール奪取からカウンターに転じてデンベレが逆転ゴール。バイエルンの猛攻に対しても全員で守りきりドルトムントが4シーズン連続の決勝進出を果たした。


この試合にファンからは、「バイエルンに逆転勝ちとか良いね」「敵地でバイエルンに逆転勝ちは素晴らしい」「白熱した試合で最後に勝つとかドルトムントやるな」「この大一番で絶好調なのに出番ないのは、香川の去就に大きく影響しそう」「ドルトムントで輝く香川を見たいけど、使ってくれる監督のところに行ったほうがいいと思う」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top