ソフトバンク、バンデンハークが今季初勝利…ロッテはドラ1・佐々木千隼の好投も実らず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、バンデンハークが今季初勝利…ロッテはドラ1・佐々木千隼の好投も実らず

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクは4月20日、ZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦。バンデンハークが好投を見せるなど投打がかみ合い、4-0で快勝した。

ソフトバンクは0-0で迎えた5回表、2死一塁の場面で、中村晃外野手が適時二塁打を放って1点を先制。9回表には、走者満塁の好機を作ると、今宮健太内野手が走者一掃の適時三塁打を放って4-0とリードを広げた。

投げては、先発のバンデンハークが8回11奪三振無失点とほぼ完璧な投球を見せ、ロッテ打線を封じた。対するロッテは、前の試合でプロ初勝利を挙げたドラフト1位ルーキー・佐々木千隼投手が7回1失点と好投を見せたが、バンデンハークの前に打線が沈黙した。

ロッテは2試合連続の完封負け。打線の奮起が期待される。


《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top