「ユナイテッド・グアムマラソン」に4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「ユナイテッド・グアムマラソン」に4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者

イベント スポーツ
ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
  • ユナイテッド・グアムマラソンに4,335人がエントリー…男子総合優勝は日本からの参加者
「ユナイテッド・グアムマラソン2017」が4月9日(日)に開催され、参加者は南国・グアムを駆け抜けた。

昨年までグアムインターナショナルマラソンとして運営していたが、今年から名称を「ユナイテッド・グアムマラソン」と変更して開催。1,212名の日本人を含む、過去最高の4,335人がエントリーした。

IAAF(国際陸上競技連盟)公認の本格的なマラソンレースとして今年で5回目の開催を数えるユナイテッド・グアムマラソンは、第3回大会の2015年よりシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さんが大会アンバサダーを務めている。大会を終え、高橋さんは「日本の皆さんに、もっともっとグアムマラソンの素晴らしさをお伝えし、グアムの魅力を感じ取って頂けるよう、大会アンバサダーとしてこれからも頑張りたいと思います」と述べた。

大会は、フルマラソン男子総合で昨年の優勝者・中島弘貴さんが二連覇。2時間30分37秒で優勝した。フルマラソン女子総合は、韓国から参加したリュウ ソンファさんが二連覇。3時間1分58秒で優勝した。

中島さんは、「連覇を狙っていたので、達成できて嬉しいです。速いライバルがいっぱい出場していたので、先行逃げ切りで行けるところまでと思い、結果的に一度も抜かれることがなく、ゴールできました」と語った。

収益金の一部は、島の美化運動に役立てられるとともに、観光教育協議会(Tourism Education Council)に寄付される。また、グアム政府観光局では、10月29日(日)にグアムココハーフマラソンを開催する。ハーフマラソン、10キロ、5キロの種目を予定している。

■大会結果
●フルマラソン男子
・総合優勝:中島弘貴(日本)2時間30分37秒
・総合2位:江本悟司(日本)2時間36分33秒
・総合3位:井上雄介(日本)2時間46分29秒
●フルマラソン女子
・総合優勝:リュウ ソンファ(韓国)3時間1分58秒
・総合2位:イノウエ トモミ(在グアム)3時間13分29秒
・総合3位:野尻あずさ(日本)3時間14分05秒

Photo credit: Matt Roberts/Getty Images for GUAM VISITORS BUREAU
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top