【WBC2017】ドミニカ代表マチャドが強肩を披露、守備で観客を沸かせる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】ドミニカ代表マチャドが強肩を披露、守備で観客を沸かせる

スポーツ 選手

マニー・マチャドが強肩を披露 参考画像(2017年3月9日)
  • マニー・マチャドが強肩を披露 参考画像(2017年3月9日)
3月16日に行われた『2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』ドミニカ共和国対ベネズエラ戦で、ドミニカの三塁手マニー・マチャドが強肩を披露した。

マチャドは1-0で迎えた六回、ミゲル・カブレラの三塁線を襲った打球を逆シングルでキャッチすると、ファウルゾーンから反転しながらのジャンピングスロー。やや狙いは逸れたが一塁手のカルロス・サンタナが捕球。そのままグローブでベースをタッチしてアウトにした。


身体能力の高さを見せつけた一連のプレーに野球ファンからは、「マチャドの守備は素晴らしい」「マチャド流出したら本気でオリオールズ終わるな」「シーズン中のマチャドを見てれば驚くことではない」「サンタナの働きももっと評価されるべき」「マチャドは最も過小評価されてるスター選手のひとりだろうね。彼がMVPとワールドシリーズを手に入れることを望む」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top