元フィギュア・鈴木明子「はげまし合うことで頑張ることができる」…スケートキャラバン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

元フィギュア・鈴木明子「はげまし合うことで頑張ることができる」…スケートキャラバン

イベント スポーツ
鈴木明子「はげまし合うことで頑張ることができる」…スケートキャラバン
  • 鈴木明子「はげまし合うことで頑張ることができる」…スケートキャラバン
  • 鈴木明子「はげまし合うことで頑張ることができる」…スケートキャラバン
  • 鈴木明子「はげまし合うことで頑張ることができる」…スケートキャラバン
元フィギュアスケート女子シングル日本代表で、プロフィギュアスケーターの鈴木明子が講師を務めた出張体験型授業「スケートキャラバン」が2017年2月24日(金)、熊本県の八代市立郡築小学校で開催された。

「スケートキャラバン」は、フィギュアスケーターが全国の小学校を訪れ、体育館に仮設したスケートリンクで小学生と交流する企画だ。鈴木は5回目の開催となるスケートキャラバンで、八代市立郡築小学校を訪れた。

約200人の全校児童を前に鈴木は、2回のオリンピック出場経験をまじえながら、6歳でスケートを始めてから29歳で引退するまでを話すと、子どもたちに「どんなことにも道筋がある。はげまし合ってあげることで夢に向かって頑張ることができる」とメッセージを送った。

体育館内に仮設された樹脂製のリンクでは、5、6年生計約70人が鈴木とスケートを体験。転んでしまう児童もいたが、鈴木とスケートでの交流を楽しんだ。参加した児童は、「失敗しても、すぐに自分で立ち上がることが大切だ、という言葉が心に残った」「あきらめないこと、やり続けることが大切だと思った」と鈴木との交流で得たものについてコメントした。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top