「パラ駅伝 in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「パラ駅伝 in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名

イベント スポーツ

「パラ駅伝in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名
  • 「パラ駅伝in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名
  • 「パラ駅伝in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名
  • 「パラ駅伝in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名
  • 「パラ駅伝in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名
  • 「パラ駅伝in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名
  • 「パラ駅伝in TOKYO」応援ゲスト決定…吉本興業から遠藤章造ら14名
日本財団パラリンピックサポートセンターは、パラスポーツイベント「パラ駅伝in TOKYO 2017」に出演する応援ゲストを発表した。

「パラ駅伝」は、障がいのあるランナーや健常者のランナーがチームをつくり、タスキをつないでゴールを目指す駅伝だ。14都県17チーム、153名が参加する。コースは、駒沢オリンピック公園 1周約2.5kmを8周。8区間9名(伴走者含む)で、全長20.504kmのコースを走る。2015年11月に開催された第1回大会は、参加者全員が完走した。

2回目の開催となる今回は、応援ゲストとして吉本興業からココリコの遠藤章造、次長課長の河本純一、インパルスの板倉俊之、堤下敦、南海キャンディーズの山里亮太らが出演する。さらに、8区間9名(伴走者含む)のチームを吉本興業所属タレント・アスリートで編成。応援チームとして参加し、車いすに乗って走ったり、アイマスクをつけて視覚障がい走者や伴走者役などを体験する。また、11都県からご当地キャラクターが13体参加する。

パラ駅伝in TOKYO 2017開催日時は、3月12日(日)12:20~15:45。会場は、駒沢オリンピック公園陸上競技場及びジョギングコース。観戦無料、先着15,600席。申込みはパラ駅伝ホームページから行う。

■ゲスト
●応援ゲスト
河本純一、板倉俊之、堤下敦、馬場裕之、山里亮太
●駅伝を走る吉本チーム
竹若元博、遠藤章造、タケト、ハブサービス、山本博、しいはしジャスタウェイ、おもしろ佐藤、木村真野、ami
●ご当地キャラクター
わんこきょうだい そばっち、むすび丸、キビタン、いばラッキー、とちまるくん、コバトン、チーバくん、ゆりーと、あさひくん、ミズキ―、かわさきプリン、トッキッキ、アルクマなどを予定

《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top