ナイキ、マラソン2時間切りを目指す「Breaking2」舞台裏公開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナイキ、マラソン2時間切りを目指す「Breaking2」舞台裏公開

スポーツ 短信

ナイキ、マラソン2時間切りを目指す「Breaking2」舞台裏公開
  • ナイキ、マラソン2時間切りを目指す「Breaking2」舞台裏公開
  • ナイキ、マラソン2時間切りを目指す「Breaking2」舞台裏公開
  • ナイキ、マラソン2時間切りを目指す「Breaking2」舞台裏公開
  • ナイキ、マラソン2時間切りを目指す「Breaking2」舞台裏公開
ナイキは、マラソン2時間の壁を初めて破るためのイノベーションプロジェクト「Breaking2」の舞台裏を公開した。

同社は、昨年12月に発表した「Breaking2」のために世界クラスのイノベーターで構成するチームを結成。プロジェクトに挑むエリウド・キプチョゲ、レリサ・デシサ、ゼルセナイ・タデッセの3名のエリートアスリートをエンジニア、デザイナー、生物力学、栄養、生理学、素材開発の専門家たちがサポートする。

チームメンバーは数ヶ月間に何度か、直接話すミーティングや定期的な電話、スカイプでの対話などで連携を確認する。練習の最適化を図るため、ケニア、エチオピア、スペインにある各アスリートの合宿に参加し、分析も行う。

チームはミーティングや合宿などを通して、水分補給、栄養、トレーニング量やその配分などを検討する。また、レース環境についての研究も続ける。こうして集めたデータやミーティングで得られた見識などが2時間突破のために欠かせない重要な情報になるという。

■チームメンバー
・チーフ・ビジョナリー:サンディーボーデッカー
・フットウェア イノベーション担当副社長:トニー・ビグネル
・ナイキスポーツ研究所担当副社長:マシュー・ナース
・サイエンス(科学者)NSRL ナイキ エクスプロア チーム ジェネレーション リサーチ ディレクター:Dr.ブラッド・ウィルキンズ
・ナイキ スポーツ 研究所研究者、主任生理学者:Dr.ブレット・カービー
・生物学(外部アドバイザー):アンディー・ジョーンズ教授(博士)医学博士及びパフォーマンス エンジニア(外部アドバイザー):Dr.フィリップ・スキバ
・数学的モデリング&環境科学専門家(外部アドバイザー):ロビー・ケッチェル
・ギア担当 ナイキスポーツ研究所シニアリサーチャー、生体力学:Dr.ゲン・ルオ
・シニアフットウエアディベロメントディレクター、イノベーション担当:ヘレン・ハッチンソン
・シニアデザインディレクター、ナイキ エクスプロア チーム ランニング イノベーション担当:ステファン・ゲスト
・グローバル ランニング フットウエア Fast部門担当シニア ディレクター:ブレット・スクールミースター
・イノベーション プロジェクト ディレクター:スティーブ・ジャクソン
・応用アパレルリサーチチーム・シニアリサーチャー:ジョージ・カーボ
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top