ステフィン・カリー、NBAファイナル敗退で学んだ準優勝との差 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ステフィン・カリー、NBAファイナル敗退で学んだ準優勝との差

スポーツ 選手
ステフィン・カリー NBAオールスターゲーム前の会見(2017年2月17日)
  • ステフィン・カリー NBAオールスターゲーム前の会見(2017年2月17日)
  • ステフィン・カリー 参考画像(2016年6月8日)
  • NBAファイナル、レブロン・ジェームズ(左)とステフィン・カリー(2016年6月19日)
優勝と準優勝は紙一重だが大きな違いがある。NBAオールスターゲーム前の会見でゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが、ファイナル制覇にかける想いを語った。

2015年のNBAファイナルを制したウォリアーズは、昨シーズンも2年続けてファイナルに進出。クリーブランド・キャバリアーズとのシリーズでも3勝1敗までいったが、3連敗でファイナル連覇を逃した。

3勝1敗から逆転負けを喫したのはNBA史上初のできごと。

今シーズンの目標を聞かれたカリーは、「優勝することだけだ」とタイトル奪還に強い決意を語った。

「その夢を実現するためにプレーしているんだ。2季前に優勝したから、どれだけ大変なことかは分かっている。昨季はファイナルで負けた。優勝と準優勝の差は紙一重だが、それですべてが決まる」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top