鹿島がゼロックス杯制覇、鈴木優磨が決勝ゴール「ACLも頑張りたい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

鹿島がゼロックス杯制覇、鈴木優磨が決勝ゴール「ACLも頑張りたい」

スポーツ 短信
サッカーボール イメージ
  • サッカーボール イメージ
サッカーの『FUJI XEROX SUPER CUP 2017』が2月18日に行われ、鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦した。試合は後半38分に鈴木優磨のゴールで勝ち越した鹿島が3-2で勝利している。

先にスコアを動かしたのは鹿島だった。前半39分にエリア手前でFKを得ると、遠藤康が利き足の左で決めて先制する。さらに前半43分には再び遠藤がこぼれ球を押し込み2-0で折り返した。

このままでは終われない浦和も後半に興梠慎三、長澤和輝、関根貴大を投入する。交代策が実ったのは後半29分、エリア内で興梠が倒されPKを獲得。自ら決めて反撃の狼煙を上げると、1分後には武藤雄樹の同点ゴールで追いついた。

連続ゴールで勢いは浦和にあると思われた。しかし後半38分、浦和はゴール前で遠藤航が判断を誤り、バックパスを鈴木に拾われて決勝ゴールを許した。


この試合にファンからは、「優磨のゴールは良かったけど連続失点は心配だね。特に左サイドが狙われてた」「また強い鹿島が見たい。今年も期待してます」「昨年末から石井監督の采配が当たり続き」「1点ビハインドでも4分あったアディショナルタイム。まったく勝ちへの貪欲さが見えなかった」「大事な試合で勝てない理由みたいなものが見えた」などの声が寄せられている。

殊勲弾の鈴木だが、自身が後半20分に出場してから立て続けに失点したことを挙げ、「ちょっと納得いってないですね」と試合後は首を捻る姿もあった。

25日のJリーグ開幕に加え、合間にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いも入ってくる。

「ここから過密日程に入ってくるので全員で乗り切って勝てるように頑張りたい。ACL獲りたいという気持ちは全員持ってますので、獲れるように頑張りたいです」

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top