アトレティコが合計スコアで国王杯敗退…シメオネ監督はチームを称賛「誇りに思う」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アトレティコが合計スコアで国王杯敗退…シメオネ監督はチームを称賛「誇りに思う」

スポーツ 短信
バルセロナ対アトレティコ・マドリード(2017年2月7日)
  • バルセロナ対アトレティコ・マドリード(2017年2月7日)
  • バルセロナ対アトレティコ・マドリード(2017年2月7日)
サッカーのスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)準決勝セカンドレグが2月7日に行われ、3連覇を目指すバルセロナがアトレティコ・マドリードと1-1で引き分けた。初戦に2-1で勝利していたバルセロナが、2戦合計スコア3-2で決勝へ進んでいる。

両チーム合わせて11枚のカードが飛び出した乱戦は前半43分、ルイス・スアレスのゴールでバルセロナが先制した。

後半12分にバルセロナは、セルジ・ロベルトが2枚目のイエローカードで退場。アトレティコも後半24分にカラスコが退場して、ともに10人でのプレーとなる。さらにバルセロナは終了間際、スアレスが2枚目のイエローカードで退場した。

後半38分にケヴィン・ガメイロのゴールで追いつかれながらも、それ以上の失点は防ぎ決勝に駒を進めたバルセロナ。しかし、決勝ではスアレスとロベルトが出場停止となる。

一歩及ばなかったアトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、試合後の会見で「チームを誇りに思いたい」と選手たちを称えた。

「我々にはチャンスがあったと思う。30分か35分間は素晴らしいパフォーマンスだった。チャンスを生み出し積極的に戦い、良いプレッシャーをかけられていた。常に相手に襲いかかろうとしていた。チームの戦いぶりは誇らしく感じている。もし自分がアトレティコのファンだったならば、また日曜日にチームを応援したいと思えるはずだ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top