本田真凜、圧倒的な強さで全国中学大会初優勝…ファンへ感謝のメッセージ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

本田真凜、圧倒的な強さで全国中学大会初優勝…ファンへ感謝のメッセージ

スポーツ 短信
本田真凜 参考画像(2016年12月25日)
  • 本田真凜 参考画像(2016年12月25日)
フィギュアスケートの全国中学大会は2月7日に最終日を迎え、ショートプログラム(SP)首位の本田真凜選手(大阪・関大中3年)がフリーでもトップの124.07点をマーク。合計188.93点と2位以下を圧倒し、初優勝を飾った。

3月の世界ジュニア選手権(台北)で連覇を狙う15歳は、相変わらず大舞台での強さを発揮。華麗なステップやスピンで観衆を魅了した。3回転フリップが2回転となるなどミスは散見されるも、最後まで安定した演技を披露。結果的に2位に10点以上の差をつける圧勝だった。

同日、自身のインスタグラムで「応援ありがとうございました」とファンへ感謝のメッセージを記した。

応援ありがとうございました

本田真凜(Marin Hondaさん(@marin_honda)が投稿した写真 -


これに対して、「おめでとうございます!これからも頑張って下さい」「真凜ちゃん、おめでとうございます!世界ジュニア選手権でも真凜ちゃんスマイル見せてね」「真凜ちゃん念願の優勝おめでとうございます!」「生で見て、普段テレビで見るものとはとても違い、素晴らしいなと感じました。そして、忙しいのに出待ちの方に丁寧にサインをしていて親切だなと思いました」「真凜ちゃんおめでとう!真凜ちゃんは日本人の誇りだよ!」とファンからは優勝を祝福する声が多数寄せられていた。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top