大谷翔平&秋山翔吾、WBCヘの意気込みを漢字で示す…J SPORTSが本戦全試合を放送 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大谷翔平&秋山翔吾、WBCヘの意気込みを漢字で示す…J SPORTSが本戦全試合を放送

スポーツ 選手
『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの秋山翔吾外野手(左)と大谷翔平投手が登壇(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの秋山翔吾外野手(左)と大谷翔平投手が登壇(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの秋山翔吾外野手(左)と大谷翔平投手が登壇(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』MCの野村弘樹(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの秋山翔吾外野手が登壇(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの秋山翔吾外野手が登壇(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの大谷翔平投手が登壇(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの大谷翔平投手が登壇(2017年1月20日)
  • 『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』に侍ジャパンの秋山翔吾外野手(左)と大谷翔平投手が登壇(2017年1月20日)
スポーツテレビ局のJ SPORTS(ジェイ・スポーツ)は1月20日、東京都内で『J SPORTS 開局20周年プレス発表会』を実施。ゲストに野球日本代表・侍ジャパンの大谷翔平投手(北海道日本ハムファイターズ)と秋山翔吾外野手が登壇し、意気込みを漢字一文字で表した。

秋山翔吾外野手(左)と大谷翔平投手

3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて自主トレを開始した両選手。秋山は日本中の野球ファン、スポーツファンが注目するWBCについて「緊張感も選ばれたからこそ経験できる」と顔を引き締める。

「自分の人生のプラスになると思う。自分の糧にできるように、楽しみながらできるかわからないが、その緊張感もいい方向へ変えてやっていきたい。優勝することしか考えていない。それで得られるものは大きい。その一点だけを見つめる」

秋山翔吾外野手

大谷も「注目度はすごく高い。今まで野球を観たことがない人も興味がなかった人にも、興味を持ってもらえるように頑張りたい。優勝できるように、そこだけ考えて。最後まで勝ち抜けるように」と続く。

大谷翔平投手

意気込みを『挑』と記した秋山は、「向かっていく気持ち、挑んでいく気持ち。ここが技術を上回ることもあると思う。自分がどれくらいできるかということも含めて、大会に向かって挑んでいきたい」とさらなる飛躍を目指す。

大谷選手は『奪』と書いた。「とにかく勝ちたい。前回負けているのをテレビで観ていたので、自分が入って勝ちたいなと思っている。そのチャンスが巡ってきた」と日本ハムを日本一に導いた二刀流は、今度は世界一奪還を視野に入れる。

『挑』と書いた秋山翔吾外野手

『奪』と書いた大谷翔平投手

2017年で開局20周年を迎えるJ SPORTはキャッチフレーズに「新たな挑戦へ」を掲げ、毎月第1日曜日は再生可能な資源から作られた「みどりの電気」を利用して放送、スポーツアナウンサーによる講義などを行う「J SPORTS アカデミー」や映画館でスポーツドキュメンタリーを上映する「J SPORTS シネマ(仮) Sports Cinema “スポシネ”」といった取り組みを予定している。さらに3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では本戦全試合、侍ジャパンの強化合宿および壮行試合、強化試合も全戦生中継を行う。

J SPORTSの木下伸社長は、「スポーツの楽しみと感動を伝え、侍ジャパンに負けぬよう新たな挑戦で邁進し、J SPORTSの総力を挙げてWBCも含めて日本のスポーツ界をもっと盛り上げていく」と力強く宣言した。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top