【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!

イベント スポーツ

【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
  • 【フルマラソン完走への道】ナイキのセッション「SPEED RUN」を体験!
こんにちは。2017年3月に行われる名古屋ウィメンズマラソンでフルマラソンに初挑戦するCYCLE編集部のヤマモトです。今とてもビビっております。

「42.195」という数字が怖いので、日常生活で極力この数字には出会わないように心がけています。怖がっていると、心優しいナイキが救いの手をくれました…。

ヤマモト「練習で走っているけれど、毎回同じコース。この練習法で合ってるのかわからないし、ずっと同じ練習でいいのかな…。不安だな…。憂鬱だ…」

(…聞こえますか…聞こえますか…フルマラソンに悩める若手編集部員よ…ナイキです……今…あなたの心に…直接語りかけています……フルマラソンに不安があるなら…NRC SESSIONに行くのです……きっと42.195が…好きになります…)

ナイキに心から呼びかけられたので、東京の表参道にあるNIKE+ RUN CLUB OMOTESANDOで行われたNRC SESSIONに参加することになりました。


NIKE+ RUN CLUB(NRC)とは、アプリを使うことで世界中のランナーが集まるコミュニティーや成果の記録、友だちとの競争、100種類以上のワークアウトが体験できるものです。NRC SESSIONではリアルに走ったり、トレーニングをアドバイスを受けることができます。



NRC SESSIONはさまざまな目標を持ったランナーが集まり、コーチとともに走るセッション。目的に合わせたプログラムが用意されていることが一番の魅力です。

今回参加するプログラム「SPEED RUN」は、より速く走れるようになるために、ペース配分、走り方、リカバリーの仕方を学べます。200~800mの距離をそれぞれ異なるペースで走るワークアウトを通じて、心拍機能の強化につながります。

普段自分が走るペースに合わせてグループ分け。色別のバンドをつけます

NIKE+ RUN CLUB OMOTESANDOを出発し、代々木公園に向かいます。

他の参加者がスマートフォンを持って参加するなか、私はApple Watch Nike+のみ。とても便利です。ランニングの妨げにならず、GPS機能でランニングルートもしっかり記録されます。


代々木公園入り口でウォーミングアップを行い、1チーム5~6名とコーチ2名で列になって走ります。

タイムやレベル別にチーム分けされ、自分の力に合ったペースで走ることができるので一安心。鬼のようなアスリートたちに置き去りにされやしないかとビクビクしていましたが、そんなことはありませんでした。

夜の代々木公園はランナーがたくさんいます。みんなで声を掛け合って道をゆずり合ったりしていました。いい文化ですね。


今回のセッションでは以下のような距離を異なるペースで走ります。

400m×2 マイルペース (※1)
800m×1 10Kペース (※2)
200m×8 マイルペース
800m×1 10Kペース
400m×2 マイルペース
トータル:4800m

※1:マイルペース:1マイルを走ったときのベストとなる位のペース
※2:10Kペース:1kmを走ったときのベストとなる位のペース


つまり、適宜休憩が入るのですが、この時もタイム測定が自動で止まってくれるオートポーズ機能が大活躍です。何度も停止・再開を繰り返す必要がなく、ランニングに集中できます。これぞまさにストレスフリー。前後を走るコーチの方がフォームについても指導してくれるので、その場で改善していけます。

コーチ陣の元気な掛け声に励まされながら、代々木公園のコースを走り切りました。ひとりで走っている時より達成感がすごい!


再びジョグでNIKE+ RUN CLUB OMOTESANDOに戻り、クールダウン。最後に健康路線をゴリゴリに攻めたケータリングをいただきました。


今回の参加者の多くは名古屋ウィメンズマラソンに出場するそうです。コーチの方から、「名古屋ウィメンズマラソンまであと約100日なので、ここからは少しずつ距離を伸ばしていってほしい」とアドバイスをもらいました。

グループで声を掛け合いながら走るのもいいですね。同じマラソン大会に参加するランナーたちと一緒に走れたことで、名古屋ウィメンズマラソンを身近に感じることができました。

薄目くらいなら42.195が見えるようになった気が…する…。

《山本有莉》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top