ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝

イベント スポーツ

ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
  • ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
  • ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
  • ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
  • ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
  • ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
  • ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
  • ホノルルマラソン2016、男女ともに初参加のケニア勢が優勝
「JALホノルルマラソン2016」が現地時間12月11日(日)に行われ、男女ともに初参加のケニア勢が優勝した。

薄曇りの絶好のコンディションの中、午前5時にスタートした「JALホノルルマラソン2016」には、車椅子競技部門を含め28,675名がエントリーした。うち、日本人のエントリーは11,087名。

フルマラソン男子は、ケニアのローレンス・チェロノ(28歳)がコースレコードとなる2時間9分39秒でゴール。女子はケニアのブリジット・コスゲイ(22歳)が2時間31分11秒がゴールし、男女とも初参加のランナーが優勝した。

日本人男子トップは、2時間19分24秒でゴールした板垣辰矢さん(一般参加・28歳)。日本人女子トップは、2時間48分39秒でゴールした鈴木絵里さん(一般参加・32歳)。それぞれ男女別で5位に入賞した。車椅子競技部門では、男子は副島正純(ソシオSOEJIMA所属・46歳)が1時間35分35秒、女子は土田和歌子(八千代工業所属・42歳)が1時間50分42秒でゴール。男女ともに通算10度目の優勝となった。

今年、初開催されたワイキキホテル街のカラカウア通りを1マイル(1.6km)走るマイルレース「カラカウア・メリーマイル」には1,689名がエントリーした。うち、日本人のエントリーは323名。すれ違う際に家族や友人たちと声を掛け合い、写真を撮り合いながらゴールする人たちが目立つレースとなった。

■大会結果
●フルマラソン総合/フルマラソン男子
・1位/1位(総合)ローレンス・チェロノ 28歳 ケニア 2:09:39
・2位/2位(総合)ウィルソン・チェベト 31歳 ケニア 2:10:50
・3位/3位(総合)デリベ・ロビ 26歳 エチオピア 2:13:43
●フルマラソン女子
・1位/11位(総合)ブリジット・コスゲイ 22歳 ケニア 2:31:11
・2位/14位(総合)リンゼイ・シャープ 26歳 イギリス 2:34:05
・3位/17位(総合)ブズネシュ・デバ 29歳 エチオピア 2:35:34
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top