ケルン・大迫勇也が先発出場、敵地で劇的勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ケルン・大迫勇也が先発出場、敵地で劇的勝利

スポーツ 短信
大迫勇也 参考画像(2016年11月11日)
  • 大迫勇也 参考画像(2016年11月11日)
  • 大迫勇也 参考画像(2016年10月30日)
大迫勇也のFCケルンは11月19日、ドイツ・ブンデスリーガ第11節でボルシア・メンヘングラードバッハと対戦、敵地で2-1の勝利を収めた。大迫は先発出場して後半27分までプレーした。

ボルシアMGに主導権を握られ苦しい時間帯が続いたケルン。なんとか耐えてきたが前半32分、ゴール前でフリーになったラルス・シュティンドゥルに先制点を許す。

追いつきたいケルンは後半開始からボランチの選手に代えてFWアルチョムス・ルドネフスを投入。大迫がトップ下にポジションを移し、前線の枚数を増やした。それが実ったのは後半14分、アントニー・モデストが打点の高いヘッドで同点ゴールを決めた。

さらにケルンは後半アディショナルタイム、マルセル・リッセがFKを直接決めて勝ち越し。劇的な形で勝利した。

腰を痛めて途中交代した大迫は、「打撲です。代表の時に打撲したところを試合中に2回やられて足が上がらなくなってしまいました。でも、しっかり治して頑張ります」とコメントしている。

後半からのポジションチェンジについては、「あれでボールが回るようになりましたね。本当は前にいたいけど、ボールが来ないと本当に意味がないので。今日は仕方がないかなと思います」とした。


10戦連続先発出場でチームに欠かせない存在となっている大迫。ドイツでの活躍にファンからは、「ケルンでは必要不可欠なピースになってるね」「豪快なヒザ蹴り2発くらってケガが心配」「あのヒザ蹴り2回は酷かった」「出場し続けなきゃポジションを取られるかもしれない。それだけ厳しい環境でやってるってこと」「ブンデスでもポストと潰れ役がトップクラスにうまい」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top