パッキャオが世界タイトル奪取、7カ月ぶり復帰戦で勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パッキャオが世界タイトル奪取、7カ月ぶり復帰戦で勝利

スポーツ 短信
マニー・パッキャオが復帰戦で世界タイトル奪取(2016年11月4日)
  • マニー・パッキャオが復帰戦で世界タイトル奪取(2016年11月4日)
  • マニー・パッキャオが復帰戦で世界タイトル奪取(2016年11月4日)
ボクシング元世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオが11月5日、ジェシー・バルガスの持つWBO世界ウェルター級タイトルに挑み3-0の判定で新王者となった。ティモシー・ブラッドリーとの引退試合から7カ月、フィリピンの英雄が王座に返り咲いた。

試合は第2ラウンドにバルガスの左ジャブを外すと、得意の左ストレートでダウンを奪う。この攻防からバルガスは左のリードブローを出しづらくなり、互いにカウンターを狙う応酬のなかでパッキャオがポイントを稼いでいった。

第2ラウンドのダウンについてバルガスは、「驚きましたけど、あれで目が覚めました。ダメージはなかったです。ああいう風に倒れてしまうこともある」とコメント。フラッシュダウンで試合への影響はなかったと話している。

判定では114-113がひとり、残るふたりは118-109の大差だった。

マニー・パッキャオが世界タイトル奪取
(c) Getty Images

復帰戦で世界タイトルを奪取したパッキャオにファンからは、「パッキャオ圧勝!!!!世界最強の上院議員誕生!!!! 」「パッキャオすごいな~数カ月とはいえ引退してた選手とは思えない」「パッキャオ強かったけど、やっぱり安全運転に徹した部分があったかな」「脱帽のパフォーマンス」「パッキャオは負けない試合をしていた印象。バルガスはよく頑張っていたが凌ぐので精一杯で決定打がなかった」「無駄打ちも減らしてヒット率が高いコンパクトパンチャー、てのがマルケス戦以降のパッキャオのスタイル」「全盛期から7年くらい経ってるし国会議員と二足の草鞋なのに並の王者には余裕で勝っちゃうパッキャオはやっぱ突然変異ですね」などの声が寄せられている。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top