ヤンキース・田中将大、防御率でリーグトップに浮上 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤンキース・田中将大、防御率でリーグトップに浮上

スポーツ 短信
田中将大 参考画像(2016年9月14日)
  • 田中将大 参考画像(2016年9月14日)
  • 田中将大(右)が防御率でリーグトップに浮上(2016年9月15日)
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大は9月15日、敵地でのボストン・レッドソックス戦に先発して7回を投げ、4安打1失点だった。好投を見せたがチームは5-7でサヨナラ負けを喫し、田中に勝ち負けはつかなかった。

デビッド・オルティーズに二塁打を打たれ、初回から得点圏にランナーを背負った田中。だがムーキー・ベッツを打ち取り無失点で切り抜ける。三回に1死満塁からオルティーズの犠牲フライで1点を失うが、その後はランナーを出しても安定した投球で得点は許さなかった。

7イニングを93球で投げ終えた田中は4点差でマウンドを降りる。今日はヤンキース勝利かという展開だったが八回、オルティーズの34号ソロでレッドソックスが反撃。

最終回も抑えのデリン・ベタンセスを休ませたいヤンキースに、強力レッドソックス打線が牙を剥いた。イニング途中からベタンセスを引っ張り出すと、3連打で最後はハンリー・ラミレスが25号さよなら3ラン。

最終回一挙5失点で田中の勝ちが消えた。

メジャー自己最多14勝目はならなかった田中だが、7回1失点の好投により、防御率でアメリカン・リーグ首位に躍り出た。ファンからは、「完投しないと勝ちつかないのか」「とにかくジラルディ(監督)をなんとかしたほうがいい」「オルティーズを歩かせなかったベンチが悪い」「好投しただけに勝ちつかなかたのは残念」などの声が寄せられている。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top