トヨタのラリー選手育成プログラム、フィンランドで2台ともに完走 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

トヨタのラリー選手育成プログラム、フィンランドで2台ともに完走

スポーツ 短信
新井・マクニール組
  • 新井・マクニール組
  • 勝田・バリット組
トヨタGAZOOレーシング ラリーチャレンジプログラムにて欧州でトレーニング中の勝田貴元選手、新井大輝選手が、8月19-20日に開催されたフィンランドラリー選手権第5戦「SM-Ralli Turku」SM1クラスにR5車両(フォード・フィエスタ)で参戦。2台揃って完走を果たした。

SM-Ralli Turkuは、9つのSSで総SS距離84km。昨年、同プログラムで両選手が参戦した最初のラリーで、今回は2度目の挑戦となった。Day1のSS1からSS3はナイトセクションで、レッキ(試走)では正確な距離を記載することが重要なポイント。また、路面が硬く、出走順によって浮き砂利の影響を多く受けるコース設定で、タイヤ選択、ブレーキングでの運転操作が勝負の鍵となっていた。

両クルーは講師より事前に十分な指導を受け、レッキを行った。本番では、新井は常にトップと近いタイムをキープし、SS7ではベストタイムを出すなど周囲を驚かせた。また、勝田は自身が課題とするペースノート作業を着実に行いながら、確実にポジションをキープする走りで安定した走行を貫いた。

勝田/ダニエル・バリット組はクラス10位、総合11位、新井/グレン・マクニール組はクラス7位、総合8位で、2台揃って完走を果たした。

チーフインストラクターのヨウニ・アンプヤ氏は、「2人とも良い結果で終わることができた。今の2人に必要なことは経験で、近道はない」と語った。「様々な場所での走行で車の特性をつかむこと、ペースノートの作り方、タイヤの使い方など、身につけるべきことはまだたくさんある。焦ることなく全てのラリーを完走して距離を積み重ねてゆき、今後につなげて欲しい」と2人の次のステップへ期待を込めた。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top