オリンピックで輝いた世界の快速100m選手10人がこちら | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリンピックで輝いた世界の快速100m選手10人がこちら

スポーツ まとめ
世界陸上 男子100メートルで優勝したウサイン・ボルト(c)Getty Images
  • 世界陸上 男子100メートルで優勝したウサイン・ボルト(c)Getty Images
  • ウサイン・ボルト 参考画像(2015年8月27日)
  • ジャスティン・ガトリン 参考画像(2015年6月28日)
  • カール・ルイス 参考画像(1988年8月17日)
  • リオデジャネイロオリンピック イメージ
  • 世界陸上2015 ウサイン・ボルト 参考画像(c)Getty Images
  • 世界陸上 男子100メートルで優勝したウサイン・ボルト(c)Getty Images
  • 世界陸上 男子100メートルで優勝したウサイン・ボルト(c)Getty Images
陸上競技の中で花形である100mは、数ある五輪種目の中で、最も単純明快な競技だ。古くから日本は、走ることに関心があり、金メダルを取れば、必ずと言っていいほど話題になり、少年たちには、憧れの的になる。

だが決して、明るい事ばかりではなかった。ドーピングなど、様々な問題を抱えてきたのも事実だ。今回はそんな困難をはねのけ、オリンピックに出場、輝かしい成績を残した100m選手10人を取り上げてみた。

◆ウサイン・ボルト

ライトニング・ボルトの愛称をもち、人類史上最速のスプリンター。そんなボルトが世界的に有名になったのが、2008年北京オリンピック100m決勝だ。9秒86を記録し、当時の世界記録を樹立。人類で初めて9秒6台を叩き出し、最後まで全力で走っていれば、9秒6台を切れたという声も相次いだ。続く、2012年ロンドンオリンピックでは、9秒63を記録。自身が持っていた世界記録を、自ら更新したのだ。

《荒井隆一》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top